トップページ » 2015年08月

夏の宿題

 こんにちは、スペースアップ王寺店 プランナーの安田です。

お盆からこちら朝夕過しやすくなりました。皆さまのところはいかがですか?
少し前になるのですが、まだ暑い夏の日、南堀江にある輸入クロスのショップさんへ遊びにいってきました。(完全に見学だけでしたが)

店内は、様々な国の壁がみサンプルで山積み、現物の壁かみもたくさんあって見る方もわくわくが高まります。
壁・天井以外にも、ウォールパネルや家具にはれることはもちろん家電にも張れるといろん物に張ってリメイクされていました。

実物を見たり触ったりしながら選べるので見てるだけでわくわくしました。

また、施工例ができたらご紹介しますね。


そして、夏休みの課題一閑張りのカゴやっとこ柿渋塗りを致しました。


塗る前の状態です。のりもすっかり乾いています。


かごの中も裏もまんべんなく塗ります。
刷毛のあとが少しついてしましました。。。


かごの外側です。
これから1か月おいておくとさらに濃くなるらしいので、様子をみて再度塗り重ねてみようかなと
考えています。
すでに先生の作品よりは濃い仕上がりです。。。

≪柿渋(かきしぶ)≫は、渋柿の柿の未熟な果実を粉砕、圧搾して得られた汁液を発酵・熟成させて得られる、赤褐色で半透明の液体。古くから衣服の染や和傘うちわなどにも使用されていました。柿タンニンを多量に含み、発酵によって生じた酢酸や酪酸等を原因とする悪臭を有するが、近年は、製造方法により無臭が主流となっています。(ネット引用)
また、近年は再度、自然塗料としてインテリアの仕上げにも利用されています。
TVの情報では、流行性の胃腸炎の菌にも抗菌効果があると紹介されました。(NHK情報番組)
またポリフェノール含有量が、近年もてはやされた赤ワインよりも10倍以上多く含まれるそうです。

こちらは日ごろがんばってくれている母へのプレゼントにと考えています。

by プランナー  at 20:24  | Permalink

NEW FACE ☆

夏の終わり。

蝉の鳴き声の変化。空の雲のカタチ。朝晩の涼しさ。

最近、台風情報も多くなってまいりましたね。

今年はいつもの年より少し短い夏だった様に思いますが、皆さまはどんなな夏の思い出を作られましたでしょうか。

こんにちは。

スペースアップ大阪南店 プランナーの坂口です。

実は、大阪南店にはポストが無かったのですが、先日、新しいポストがやって来ました♪

主には書類関係が多く配達されるのですが、時々は書籍類の配達もあり、店舗外観にマッチングしながらも機能性を重視する必要があります。

勿論!予算も検討材料のひとつです。

既に完成した外観・外構に後付け設置しますので、違和感を感じさせない工夫が必要ですね。

リフォームには、常にそう言う一面があります。

スペースアップ大阪南店のファサードは、スッキリとした可愛いイメージの外観です。

ココに!ポスト。。。考え、悩みますが・・・楽しいですネ~♪*^^*

大阪南店の“NEW FACE”☆  NEW POST です!

BROWNの可愛いPOSTです。

メーカーさんは、“オンリーワン エクステリア”の『Feel』(ダークブラウン色・定価59,000円・税抜)です。

この他に5色のバリエーションが有り、ダークグリーンも候補にあがりましたが、皆さまにご参考にして頂き易いダークブラウン色にしてみました~♪

ポストの支柱を埋め込む為に、既存の土間タイル300㎜サイズの一枚をめくり、地面を掘ってセメント固定させました。

その為、めっくた跡の仕上げがねずみ色の裸状態。

玉じゃりを敷いて、BOOK STYLの可愛い鉢植えに寄せ植えをさせて頂き、完成☆

玄関出入り口のスグ傍が、機能性を持たせつつも華やかな印象に変わりました♪

是非☆皆様のお家でも、プチリフォームをなさって見てはいかがでしょうか?

皆様のお家の中、外・・・ありとあらゆるお悩みのご相談、いつでもお待ちしております!

あなたの街のお近くの 『SPACE UP』 各店舗へ、お気軽にお越しくださいませ。

スペースアップ各店のプランナー・アドバイザーが、いつも笑顔でお待ちしております♪*^^*

by プランナー  at 09:09  | Permalink

涼しげな

 こんにちは、スペースアップ王寺店プランナー安田です。

連日猛暑続きで本当に暑い夏の毎日ですが、皆さまいかがおすごしでしょうか?
こんな日は、アイス(冷たい飲み物)に限る!とスタッフがグラスに氷を入れる軽やかな音が涼やかで心地よく感じます。

音で涼しく感じるといえば『水琴窟』という水が奏でる音を楽しむ和のお庭演出がありますね。
昔は排水も兼ねてお庭に造られていたようですがクーラーのない時代、お庭の音も涼しさを演出するためのものであったのですね。

こんな構造だそうです。あまり良い音はでなかったとか(?)
(画像はネットから)

私の知っているところでは、桜井市にある大神神社の一角におさめられています。
耳を当てるとなんとも涼やかな音が聞こえてきますよ!
お近くにお寄りの際は体感してみてはいかがでしょうか?

さて、本日は休日に体験した習い事(カルチャー教室)をご紹介します。

植物を編んだかごに和紙を張って仕上げていく民芸品で、まずは丈夫な古い江戸時代の和紙を小さく手で割いてかごの裏も表も少しづつ重ねて張っていきます。

割いた和紙を2回通り張り終えたら今度は仕上げのデザイン和紙を貼り仕上げていいきます。
この日は、歌舞伎風柄の版画を先生からいただき、張っていきました。



仕上げの和紙を張り終えたところ


このあと持ち帰って仕上げの柿渋を塗っていくのですが、『太陽光に当たると濃くなるので濃く塗りすぎないようにね!』とのことでしたので、どれぐらいまで塗り重ねるか……次に時間ができたら仕上げの楽しみが待ってます。(まだ完成してません・・・)


先生のお手本です。お買いものバッグとしても使用できますが、お花を飾って和のインテリアとしても楽しめますね。

他にも仕上げの素材を英字新聞を貼ったりとか 絵手紙を貼ったりといろいろ応用ができますのでいろんなアイデアで素材を楽しめますね。
紙製の輸入クロスを貼ってもオリジナルなものができそうです。
機会があればまた挑戦してみたいです。

by プランナー  at 14:08  | Permalink