« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月 アーカイブ

2005年03月01日

茶香炉のススメ ゜。゜。゜。

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店の小野です。



先日、プレゼントに茶香炉というものを頂きました。

「私が好きそうだから」と言われたので、さっそく開けてみると、アロマ用の

香炉にそっくりなものと茶葉が入っています。



火を着けると、お茶屋さんの前を通った時のような、お茶の香りがしてきました。

いつもの緑茶をもっと香ばしくしたような香りです。

香水やアロマオイルのような香りは強すぎて、好きなものが本当に少ないので、

控えめなお茶の香りを楽しむこの香炉は、本当に気に入ってしまいました!



使う葉は日本茶ばかりでなく、ハーブティ、アップルティ、コーヒー豆なども使えます。

ただし、糖分の加えてあるものは使えないようです。

コーヒー豆も引いてあるものは使えません。

茶香炉はお茶の葉を焙じることで香りを楽しむ物なので、時間が経つと茶葉が焙じられて

茶色に変わってきます。

上皿の真ん中がとても熱くなるので、茶の葉をドーナツのように中心が空くように

載せるようにすれば、ゆっくりと焙じられるようになりますよ。



↓↓↓茶香炉にはこんな効果があるそうです

●臭覚的効果

茶葉の青々とした独特の香り。この成分は 青葉香(あおばか)といい、俗に言う青葉アルコールや

リナロールという名の花香芳香成分です。

この香りには精神を穏やかにして落ち着かせるリラクゼーション効果があります。

それと同じ効果が茶香炉で茶葉を焙じることにより得られます。



●視覚的効果

陶器の茶香炉は私たち日本人にとってリラクゼーション効果を与えてくれます。

また、切り込みの窓からゆらゆらと明かりが漏れるのも癒しの効果抜群です。



●消臭効果

タバコやペットなどのお部屋の消臭に効き目があります。市販の消臭剤ほどの効果があるそうです。

2005年03月04日

グラスと棚

こんにちは。
リフォームのスペースアップ ODS事業部の藤本です。

今回は最近はまって集めているグラスについてお話します。



部屋の模様替えをしました。

とても簡易な棚を造りました。

正しくは置いただけの棚ですが…。

ブロックに2メートルくらいの古木板を載せた棚です。

物が増えるにつれて一段づつ足していく予定です。

棚の上に飾っているのは主にオブジェとグラスです。



グラスといっても沖縄のグラスです。

最近、沖縄料理店に行く事が多く、そこで出てくるグラスが

とても綺麗なんです。ドリンクを注文するたびにグラスの色を変えてくださるので

とても楽しんでいます。





それから沖縄グラスの虜になり、コレクションする事に

なりました。

でも中々売ってないんです・・・

沖縄グラスは主に廃ビンを使ってつくられたグラスで

気泡があったり、グラデーションになってたり、同じ物が

ないのですが、色んな色がある中で赤色だけが、貴重で少し割高なのです。



少しづつ色を揃えていきたいです。



↓↓↓





沖縄グラス参考

2005年03月07日

スペースアップのニュースレター

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 八尾桜ヶ丘店の町田です。



スペースアップでは毎月ニュースレターという新聞を発行しています。

暮らしに役立つ情報や季節のお話、健康のこと、お料理レシピなど盛りだくさんの内容です。



今回3月号より新たにプランナーのコーナーが掲載されることになりました。

各プランナーがあらゆる角度から暮らしについてお話するコーナーです。

(ちなみに3月号は辻プランナーによる花粉症のお話です。)

ご興味のある方はどしどしご連絡くださいませ。





毎月楽しいお話がきけますよ♪

2005年03月08日

゜。゜。゜。 桃の節句 ゜。゜。゜。

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店の小野です。



私は雛人形を眺めるのが大好きで、買い物途中に人形展があると

すぐ立ち寄ってしまいます。

前までは似たり寄ったりのものばかりでしたが、最近は少しずつ個性のある雛壇が

増えてきましたね。



アンティークの雛壇を見ると、本当に個性豊かで、作り手が楽しんでいるのが

よくわかります。

昔は手作業でしか作れなかったので、自然と注文して下さった方の為に、という

思いを込めて作っていたのでしょうね。



女の子の居られる御両親は、健康で幸せになれるように、等と色々な願いを込めて

雛人形を買って行かれると思うのですが、名前を付ける時のように、その子の為だけの

雛人形があればいいのになぁ、と毎年思っています。



私が雛壇を作るとしたら、内裏雛が畳か板間に座っていて、家具や小物、花を沢山

飾ってあげたいです。

今のお仕事をしている理由にもなるのですが、生活をデザインして楽しむのが

本当に素敵な事だというのを表現したいからです。

だから、三人官女や五人囃子などの御付の人達は必要ないかなって思っています。



↓↓↓桜の妖精みたいな可愛らしいお雛さまを見つけました

2005年03月11日

日本文化

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 杭全店稲谷です。

先日お休みを頂いて飛騨高山へ行ってきました。



そこで『高山陣屋』という国史跡を見てきました。

陣屋とは、江戸時代に代官・郡代が治世を行った場所で、

役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して

陣屋と呼びます。(役所と官舎と米の蔵の事です)

飛騨代官役所は安永六年(1777)に飛騨郡代に昇格し、

当時4カ所あった郡代所の中でも重要な直轄地となりました。



幕末には全国に60数カ所あったと言われている郡代・代官所の中で、

当時の建物が残っているのはこの高山陣屋だけだそうです。

全国で唯一建物が現存する郡代・代官役所で、昭和4年には国史跡に指定されたそうです。



元禄5年(1692年)から明治維新に至るまでの176年間に、

25代の代官・郡代が江戸から派遣され、

幕府直轄の行政・財政・警察などの業務を行いました。



簡単に例えて言うと、

踊る大捜査線のぎばちゃんこと柳葉敏郎さんのいる本庁が幕府で、

織田祐二さんのいる湾岸署が高山陣屋であるようなものです。



明治維新後は、主要建物がそのまま地方官庁として使用されてきましたが、

昭和44年に飛騨県事務所が移転したので岐阜県教育委員会は、

全国にただひとつ現存する徳川幕府郡代役所を保存するため

平成8年までに20億円を費やして復元修理を行ったそうです。



約3,000坪で20億円…

ちょっと大き目の家約80軒分を、

1軒あたり約2,500万円でリフォームした感じなんですよね。

すごい金額です…。

でも、修復方法やそれにかかる人件費で20億を使ったとしても、

日本の歴史の跡を残すためには価値ある20億円だと私は思いました。



西洋化した近代建築が増える中、

西洋のいいところはどんどん取り入れていくといいと思いますが、

日本の文化がどういう流れであったかということを忘れてはもったいないなと思います。



畳などの座の生活、

それは日本の季節が生み出した日本人の生活スタイルで、

この日本で心地よく過ごすために考え抜かれた技なんでしょうね。



家をさわる仕事をする私達は、

昔の人がどうやって生活を楽しみ、

どうやって快適に過ごしたかを感じる事は大切だと思っています。



今は便利な建材がたくさん出回っていますが、

昔はすべて手作業で作られていたのを見ると、

つくづくよく考えられているなと関心しました。



ものがあふれた今、

原点に戻って考えてみる時期が来ているような気がします。

いろいろな事に気がつくかも…。

2005年03月12日

カラーコーディネートの重要性

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 南大阪店プランナーの辻です。



以前にも堺店の杉本プランナーの『色の力』についての書き込みがありましたが、今日は『カラーコーディネートが人間に与える影響』についてのお話をしてみたいと思います。



私が最近凝っていることが、自宅の部屋の模様替えです。仕事から帰ってきてから1日1,2時間程度するだけなのでなかなか進まないのですが、ここ最近のお休みの日はカーテンやベッドカバーを探し回ってます。ただ単純にピンクが好きなのでピンクのカーテンやベッドカバーを探していたのですが、毎日1日の最後に落ち着く自分の部屋なので『色が与える心理的な影響』を考えてみようと思っていろいろなことを調べてみました。



イエロー⇒陽気で上昇志向をもたらす色

オレンジ⇒食欲を生む色

レッド ⇒パワーを生む色

ピンク ⇒幸せとリラックスを促す色

グリーン⇒落ち着きとやすらぎを感じさせる色

ブルー ⇒神経をやわらげる色

パープル⇒自己治癒力を促す色

ホワイト⇒自律神経を活性化する色



さまざまな病気にも心理的な影響を与えると言われています。(詳しくは来週ブログにのせさせていただきます。)



1日の最後に落ち着きたいので、やっぱり『幸せとリラックスを促す』ピンクにしたいと思う辻でした。。。



2005年03月13日

リフォーム展示会

こんにちは。

リフォームのスペースアップ 堺店プランナーの杉本です。



今回は先日の3/11(金)・12(土)に開催されておりました

TOSTEM・INAX合同展示会に行って参りましたので、そのレポートをお届けします!



私たちは、年に何度か開催されるこういった各メーカーのイベントや展示会には出来る限り参加させて頂く様に心掛けてます。



新商品や一押し商品をいち早く勉強し、実物を見れる良い機会ですし、またその商品に対する壁や床の色の合わせ方など周辺コーディネートの参考にもなります。



今回はインテックス大阪6号館の2ゾーンを使ってのとても広いスペースで、

様々な展示・イベントが行われておりました。

トイレ・キッチン・システムバスはもちろん、玄関ドア・サッシ・シャッター・門扉・タイル・・・etc

お家に関するものなら全て揃うくらいの展示です。



こういったイベントにはいろいろなセミナーも行われている事が多く、業者だけでなく

新築・改装をお考えのお客様にも大変勉強になるイベントだと思います。



これからもこういったメーカーイベントが開催される事がありますので、

ご興味のある方は是非一度当社にお問い合わせ下さいね。

2005年03月14日

タイルのお風呂のリフォーム

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 八尾桜ヶ丘店の町田です。



今回はお風呂について。



最近のリフォームはタイルのお風呂からシステムバスに変えることが主流になっていますよね。

お掃除や暖かさの面から考えるとシステムバスの方がいいとおっしゃる方がほとんどだと思います。



タイルのお風呂というと、100角くらいのピンクやえんじのタイルの壁に床は滑りにくい小さなタイルが貼られ、ステンレスの浴槽がポンッと置かれている。こんなお風呂を想像しませんか??



これは一昔前のお風呂。



タイルには数え切れないくらいたくさんの種類があり、サイズも10角の小さなものから400角の大きなものまで豊富にあります。

なので、これをうまく組み合わせれば自分だけのオシャレなお風呂にすることが出来ます。



例えば、ヨーロッパ調のエレガントなタイルの空間にバスタブを置き、映画の1シーンみたいに花びらを浮かべて入ることも出来ますし、重厚な感じの石調のタイルを敷き詰めて温泉気分を味わうことも出来ます。



組み合わせによって様々な演出が出来る、これがタイルのいいところです。



また、お風呂は一日の疲れを癒す場です。

家の中で締める割合は小さいですが非常に大事な空間です。

心から安らげる、そんな自分だけのお風呂を作ってみてはいかがでしょうか。。。

2005年03月15日

゜。゜。゜。 季節を感じる ゜。゜。゜。

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店の小野です。



情報誌を見ていると、桜の情報が多くなってきました。

まだ肌寒いですが、春はすぐそこですね!



私は桜の花がこれ以上ないぐらい大好きで、毎年この時期はどこに見に行くか、

お弁当のメニューはどうするか、桜の雑貨を見に行こうか等、ワクワクしながら

段取りしています。

お弁当は、毎年竹の子御飯は欠かしません。

おかずは思い付きで作りますが、春の到来を祝うお祭り(と自分の中で盛り上がっている)

なので、季節の素材をたくさん使っていて、一年で一番豪華ではないかと思います。



毎日スーパーに行っておられる主婦の方は特にそうだと思いますが、一番手軽に

季節を感じられるのは食材ですよね。

江戸の人達は「初物食い」といって、特に一家の主・お父さんが季節の食材を

楽しみにしていたそうです。

「初物を食うと七十五日長生きする」との信条のもとにナス、キュウリ、初鰹、白魚などに

熱狂したそうですよ。

ナスやキュウリなんて何気ない食材でも楽しみに出来るのは、本当に羨ましいですよね!



ちなみに、私が楽しみなのは、菜の花、竹の子、新キャベツ、カツオ、さくらんぼです。

リフォーム一筋!! 大阪 兵庫 奈良 横浜 福岡:スペースアップ

2005年03月18日

ガーデンスタイル

こんにちは。
リフォームのスペースアップ ガーデン事業部ODSの藤本です。

今回は最近のガーデン、外構のスタイルについて

お話させていただきます。



お家の内装、インテリアとお家のお庭、外構のスタイルは

ご自分の好みで大体統一されてきます。

例えば、モダンスタイル、ナチュラルスタイル、クラッシクスタイル…などなど。



ここ最近の外構の流行のスタイルは大きくまとめるとプロバンス、南欧スタイルが多いです。分譲建売住宅など見ても、この南欧スタイルで統一されている所をよく見かけます。

プロバンス、南欧スタイルの特徴としては、門柱をしっくい仕上げにし、アイアンの表札です。



このプロバンス、南欧スタイルの他に、最近プランをさせていただいてる中でご希望が多いのはカントリーです。

カントリーはこれといったアイテムが決まってないので

少しずつお気に入りの小物や植栽などにアレンジを加え

楽しみながら造りあげていき、家の顔となるのです。

なのでその小物選びが重要です。

先日、小物を選びに行ってきました。色々なアイテムが

ありましたが、いかにお庭がセンスよくまとまるかは小物に

かかっているので端から端まで調べ、大変勉強にもなりました。

お客様に新鮮で斬新なお庭、外構のご提案のために

常にアンテナを張り巡らせ、オリジナルデザインに

力をいれていきますのでよろしくお願いいたします。



↓↓↓



カントリースタイルな小物たち…中々おもしろい商品がたくさんあるんです。えっ!?こんな物まで?というような商品がありますが、そういう物こそお庭にアクセントを加えてくれるのです。

2005年03月19日

カラーコーディネートの重要性2

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 南大阪店プランナーの辻です。



先週に引き続きカラーコーディネートのお話をしたいと思います。

先週にも書いたのですが、色はさまざまな病気に心理的な影響を及ぼすといわれています。不快なカラーコーディネートの中で知らず知らずのうちに、不安定な精神状態にしていることも考えられます。それぞれの色で体に及ぼす心理的な影響が違います。



イエロー⇒自律神経を活性化させます。心臓・肝臓の働きを促進します。胆汁の分泌を促進させ、胃や腸の活動を盛んにします。



オレンジ⇒赤と同様に食欲を増進させる効果があります。潰瘍をやわらげる甲状腺機能を正常化する働きがあります。



レッド ⇒交感神経系を刺激し脈拍・呼吸・血圧を上昇させ、消化液の分泌を促進させるため、食欲を増進させてくれます。



ピンク ⇒鮮やかなピンクは心身の働きをスローダウンさせます。内分泌腺のアドレナリンの分泌を促進させるため、心や体の筋肉をリラックスさせます。また、若返りの色といわれています。



グリーン⇒安定感や平常心を取り戻す効果があります。大脳の下垂体に働き、筋肉や皮膚などを生き生きさせます。



ブルー ⇒副交感神経系を刺激し、脈拍・呼吸・血 圧・体温を下げる効果があります。神経を鎮静化させるので不眠症に適しています。



パープル⇒神経系の反射を鋭くし、病気の回復過程を早める色です。神経質な人や落ち込みやすい人、また興奮しやすい人にも効果的です。



ホワイト⇒白は体が必要なすべての色の波長をもっています。白を身にまとうと健康を取り戻す効果があります。但し、光の反射率が最も高く、まぶしさを与えるので眼にはあまりよくない色です。





健康で快適なインテリア空間を創るには、その部屋の使い勝手に応じて、調和のとれたカラーコーディネートを行うことが大切です。

私もこのことを参考に部屋作りをしていきたいと思います。

2005年03月20日

インテリアに緑を・・・。

こんにちは。

リフォームのスペースアップ 堺店プランナーの杉本です。



本日はインテリアには欠かせない緑について。

私たちも、室内パースを描かせていただく時にも必ず描き込むのが観葉植物などの緑です。緑が少しあるだけで、お部屋の雰囲気はかなり和らぎ癒されますよね!



様々な観葉植物がありますが、育てるとなると結構枯らしてしまったりしますよね。

私は、よく枯らしてしまうのです・・・。



簡単に少しでも緑を!そこで!水につけて置くだけで育つ『ミリオンバンブー』という植物があります。

どんな植物も枯らしてしまう私でも育てられる程簡単なので『ちょこっと癒し』にいかがですか?

しかも!『幸運を呼ぶ』、また束にすると『お金がたまる』などという噂も!!



ミリオンバンブーとは・・・万年竹などいろいろな呼び方がありますが、いずれも「竹」が付いているので竹だと思っている人が多いようですが実は!『ドラセナ・サンデリアーナ』という植物なのです。

本種の葉をすべてむしりとると、茎が竹のように見えるのです。茎を細かく切断しても発根と芽吹きが非常によいので、水につけておくだけですごく長持ちします。台湾では、赤いリボンをつけたりして目出度い時のプレゼントなどに使うそうです。

2005年03月21日

ごろんぼ?を使うリフォーム

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 八尾桜ヶ丘店の町田です。



先日、全改装の工事現場に行ってきました。

2階一部を増築するために屋根を1段高くする(棟の位置をかえる)という工事を行ったのですが(下図簡略図参考)、もともと使われていた梁の立派なこと!!



普通、梁は角材なったものを使用するのですが、O様のお宅は木の丸太そのもの(ごろんぼ)がたくさん使われていました。立派なお宅です!



まだまだ使える立派な梁を切って捨ててしまうのはもったいない!ということで営業担当の江崎店長はすかさず棟木に再利用!

限りある資源を大切にするとともに、今まで家を支え続けてきてくれた梁に新たな役割を与えました。

きっと木も喜んでいるでしょうね♪



現場に出ると、デザインだけでなく構造までしっかり学ぶことが出来ます。

昔の建物は立派な木材が使われているものが多く、今回担当させていただきましたO様のお宅を拝見し、改めて木の素晴らしさを感じました。

2005年03月22日

リフォームのついでに

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店の小野です。

全改装のお客様で多くなってきているのが、コンセントやTV・モジュラージャック、
照明などの位置の変更や増設です。
みなさん住んでいるうちに必要な数や位置が分かってくるのでしょうね。
家具の後ろにコンセントが隠れてしまって、使えるコンセントがタコ足配線、という
事も多々あるでしょう。

実は、壁紙の貼替えのような規模のリフォームでも、移動・増設のチャンスなんです。
電気の配線は天井や壁を通っており、新しく設置する所に穴を開けたり、既存の場所の
穴を塞いだりするので、どうしても壁紙の貼替えが必要になってくるのです。

壁紙は長くても20年で貼替えが必要になってきます。
貼替えを考えておられる方は、この機会に電気関係も見直して、使い勝手を
良くしてみませんか?

2005年03月24日

デザイン

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 杭全店の稲谷です。



デザインって言うと、

なんだか生活するにはあってもなくてもどっちでもいいものだと正直思うんですが、

あれば楽しさが増えると思います。



例えばリビングに座った時、

皆さんなら何が見えれば楽しいでしょう?

グリーンが見える窓がほしいという人もいれば、

ウッドデッキで遊ぶ子供が見えるのがいい人、

それが何かは10人10色だと思います。



だから家のデザインは、

そんな楽しさを求めると長く楽しめるのではないかと私は思います。



デザインがなくても暮らせるけれど、

どうせ暮らすなら楽しい方がよくないですか?





お料理やデザートも、

どうせ同じ「食べる」事で色んな演出されると

おいしい上に楽しいし幸せ感じません??(^^)



↓↓↓毎回アレンジや盛り付けが変わるので飽きないデザートやお料理。

飽きない演出してくれるお店はいいですよね。

そんな仕事を目指してガンバリマス!

2005年03月25日

造花

こんにちは。
リフォームのスペースアップ ガーデン事業部の藤本です。

本日は造花についてお話させていただきます。



私はガーデニングのお仕事をさせていただいてるので

プライベートでもお花のある生活を心がけています。

花がある生活は小さな幸せを感じてしまいます。



花も植物も本物が一番良いですが、造花も十分楽しむ事ができます。

世話がいらないし、もちろん枯れない…ずっと美しいままの造花ですがどこか人工的に感じる方が多いと思います。

でも最近の造花は近くに寄って触れてみないと生花と区別がつかないくらいリアルに造られています。

百貨店には造花コーナーが必ずといっていいほどありますが、みなさんは行かれますか?

今、インテリアのショップでもちょっとした造花ブームのようで、造花を雑貨として販売しているお店をよく見かけます。そして売れてます。



百貨店などで取り扱っているエミリオロバという造花のブランドがあるのですが、こちらもすごい人気です。

エミリオロバは「花の彫刻家」と呼ばれ国際的に評価の高いアートフラワー界の頂点に立つ

フランスのアーティストです。

彼の作品は自然の形を尊重しながらとてもモダンにアレンジされていて、まさにアートなのです。

生花のように世話が要らないので疲れて帰ってきても

急な来客があっても美しい花のままなのです。

彼の作品は器にもこだわっていてガラスには水がはってあるように工夫され生花よりも美しいくらいです。



少しづつコレクションしていきたい造花です。



↓↓↓

左、中央、エミリオロバの商品参考、美しくて、いつもため息が出てしまいます。

右、我が家の造花、カラーを中心にまとめています。

2005年03月27日

壁で遊ぶリフォーム

こんにちは。

リフォームのスペースアップ 堺店プランナーの杉本です。



本日はパーテーション(間仕切り)として使う壁について。

リフォームで間取りを変える場合、抜けない柱というのが出てきてしまいます。

そういった場合、

1.壁としてそのまま残しておく。

2.壁は抜いて柱だけむき出しで残しておく。

3.柱までの間を飾り棚などする。

 などなど・・・方法は多々あります。



目隠しとして壁を残したいが、光は欲しいという場合はガラスブロックなどがおすすめですね。

ちょっとした目隠しになり、でも圧迫がなく風が通って欲しいという場合は、格子などいかがでしょうか?



邪魔だった柱が、部屋のポイントとして引き立ちますよ。

和風・モダン・ナチュラル・・・など改装後の希望の雰囲気を決めて、パーテーションもデザインすると良いですネ。

ただの壁ではなく、ひと手間加えて素敵な空間創ってみませんか?

2005年03月28日

和室

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 八尾桜ヶ丘店の町田です。



今日は最近の施工事例をご紹介しましょう!

現場は今月中旬に完成した東大阪市のK様邸。

K様のお宅は全改装だったのですが、今回は和室のご紹介です。



K様が八尾桜ヶ丘店に来店されたとき、非常にショールームの和室コーナーを気にいってくださったので、八尾店の要素をふんだんに使用した和室を提案させていただくことにしました。



リビングから続く和室は、6畳分の半帖畳の周りをぐるりと竹フリーロングで囲み、モダンな感じに。障子の向こうにも同じ竹フローリングが敷かれた縁側があり、天気の良い日にはポカポカ日向ぼっこでもしたいですね。



また、リビングとの間仕切りで造った格子が和室の圧迫感を和らげ、空間に変化をつけています。さらに1間半の押入れを造ることで箪笥など全て収納することが出来、物を部屋に出さないことを可能にしました。



完成した現場に行ってきましたが、本当に和室っていいですね。白木の良い香り、落ち着いた色合いと木目、どれをとっても申し分ありません。



木の香りをかいだとき自分は改めて日本人だな~と思いました。そして日本人でよかったな~と思いました。



最近は和室から洋室に変える方がどんどん増えていますが、家の中で1室でも和室は残しておいた方がいいと思います。工事したあとで「あ~和室でごろっとしたいな~」と後悔するかもしれません。(現に私の実家が畳の部屋を全てフローリングにして後悔していましたf^^;)



最近の和室はどんどんおしゃれになってきています。和室は古臭いからイヤだとお思いの方、一度私たちプランナーにご相談下さいませ☆

2005年03月29日

床座の生活を楽しむ リフォーム

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店プランナーの小野です。



昨日、町田プランナーが素敵な和室を紹介してくれたので、今日は和のインテリアを

御紹介いたします!



床に座るという事は、目線が下がるという事。

そして、周りの家具などは上がって見えるという事ですよね。

座ってゆったりくつろいでいる人に圧迫感を与えない為には、なるべく背の高い家具は

置かないのが一番です。

座った目線の高さで無理なく眺められるようにします。

どうしても背の高い家具を置きたい時は、インパクトの強い物を低い所に置いて、

目線を逸らします。

簡単でお勧めなのは照明や生花です。

どちらも華やかで、1つあるだけで洗練されたイメージの空間になります。

照明は、木の素材のものと合わせて飾ると木がふわっとオレンジ色に浮かび上がって、

とても素敵になりますよ。

About 2005年03月

2005年03月にブログ「オシャレ リフォーム日記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2005年02月です。

次のアーカイブは2005年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type