メイン

戸建てリフォーム アーカイブ

2005年03月21日

ごろんぼ?を使うリフォーム

こんにちは。
リフォームのスペースアップ 八尾桜ヶ丘店の町田です。



先日、全改装の工事現場に行ってきました。

2階一部を増築するために屋根を1段高くする(棟の位置をかえる)という工事を行ったのですが(下図簡略図参考)、もともと使われていた梁の立派なこと!!



普通、梁は角材なったものを使用するのですが、O様のお宅は木の丸太そのもの(ごろんぼ)がたくさん使われていました。立派なお宅です!



まだまだ使える立派な梁を切って捨ててしまうのはもったいない!ということで営業担当の江崎店長はすかさず棟木に再利用!

限りある資源を大切にするとともに、今まで家を支え続けてきてくれた梁に新たな役割を与えました。

きっと木も喜んでいるでしょうね♪



現場に出ると、デザインだけでなく構造までしっかり学ぶことが出来ます。

昔の建物は立派な木材が使われているものが多く、今回担当させていただきましたO様のお宅を拝見し、改めて木の素晴らしさを感じました。

2005年03月29日

床座の生活を楽しむ リフォーム

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店プランナーの小野です。



昨日、町田プランナーが素敵な和室を紹介してくれたので、今日は和のインテリアを

御紹介いたします!



床に座るという事は、目線が下がるという事。

そして、周りの家具などは上がって見えるという事ですよね。

座ってゆったりくつろいでいる人に圧迫感を与えない為には、なるべく背の高い家具は

置かないのが一番です。

座った目線の高さで無理なく眺められるようにします。

どうしても背の高い家具を置きたい時は、インパクトの強い物を低い所に置いて、

目線を逸らします。

簡単でお勧めなのは照明や生花です。

どちらも華やかで、1つあるだけで洗練されたイメージの空間になります。

照明は、木の素材のものと合わせて飾ると木がふわっとオレンジ色に浮かび上がって、

とても素敵になりますよ。

2005年06月07日

2世帯住宅リフォーム着工! ゜。゜。゜。

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店の小野です。

5月10日に書かせて頂いた2世帯住宅が着工し、着々と工事が進んでおります。
6月の毎週日曜日は、御希望の方にこの物件を御案内するイベントを行っています。
予約制で1家族に1人の営業マンが御説明させて頂きますすので、ゆっくり見て頂いて、
気になる事はどんどん質問して下さい!
毎週来て頂くのも大歓迎です。

御予約は フリーダイヤル 0120-55-8034 王寺店 0745-73-1800 でお受けしています。

完成は7月で、また完成見学会も行いますよ。
工事中の仕上がっていく様子~完成を見ていると、本当に感激します!
王寺店の近くですので、見学後は王寺店でお茶を召し上がって頂けます。
最近とっても香りの良い4種類の紅茶が入りました!
なくなり次第終了なので、この機会に是非お試し下さいね。

2005年07月24日

カントリー調のリフォーム

こんにちは。

富田林店の杉本です。



本日は、最近ご要望の多いカントリー調について・・・。

一言にカントリーと言いましても、カントリー調はお好みによって雰囲気が結構異なります。

ちょっとハードな『西部劇風のカントリー』から、可愛らしい雰囲気の『大草原の小さな家風のカントリー』など、幅広いですよね。



カントリーの基本は手作り感ですよね。ご訪問させて頂くお客様でも、ほんとうにすごくセンス良く手作りされてるお客様が多く、創意工夫でこんなことまで!?とこちらが勉強になるほどです。





今回ご依頼頂いたお客様は、服屋さんを開店されるということでの店舗改装でした。内外装はカントリー調で、外観もお客様の中でイメージが固まってらっしゃったので、こちらもイメージがすぐに伝わりました。



オープン予定はまだ未定ですが、工事の方はもうすぐ着工です。どんな風に出来上がるか私も今からワクワクしています。また、経過も報告させて頂きますね♪


2005年08月22日

和風リフォーム

こんにちは、スペースアップ八尾桜ヶ丘店の町田です。



今回は先日完工した現場についてです。



OBさんの紹介で訪れたM様邸。玄関や居間には懐かしい香りがする置物や、旅行された先で買ってこられた郷土品などがたくさん置かれ、昭和モダンの雰囲気が漂っていました。

そこに一歩踏み入ればなんとも言えない懐かしい、田舎を思い出させてくれる味わい深いお宅でした。



今回リフォームされたい場所はトイレと洗面室。他のお部屋は全面的にリフォームされているのに、トイレと洗面室は一度もリフォームされたことがないとのこと。



拝見すると昔ながらのタイルのおトイレと配置がおかしくて使い勝手のよくない洗面室が。



毎日使う場所だから、一人になってゆっくり落ち着く場所だから、ちょっとでも癒される空間を提案しようと思い昭和モダンのお宅に合った和風のトイレと洗面室を提案しました。



トイレは、竹フローリングに珪藻土の壁・天井には赴きのあるあじろを使用。便器は最新式の自動開閉・自動洗浄のネオレスト!読書が趣味の旦那様のために読書用のダウンライトをつけました。

このトイレで何と言ってもこだわったのはあつらえ建具!照明のデザインに合わせ、目隠ししながらも光をたくさん通すオシャレな建具を担当の江崎店長がデザインしました。お客様にも非常によろこんでいただき、次は家中の建具を作って欲しいと言われるほどです。



洗面室は、竹フローリング柄のクッションフロアに珪藻土の天井と壁、アクセントに松の腰壁を貼りました。使い勝手が悪かった配置も洗面台と洗濯機を並べることで解消し、洗面台を収納が豊富なものにすることにより今まで置いていた衣装ケースも撤去でき、すっきりした空間に仕上がりました。



和風リフォームいいですよ♪




2005年08月27日

二世帯住宅のリフォーム

こんにちは。堺店プランナーの辻です。

来月はじめより堺で一戸建てを二世帯住宅にする工事が始まります。
二世帯住宅のかたちとして完全分離型と一部共有型とがあります。
今回は浴室と玄関を共有する一部共有型ですが、二世帯住宅をつくる上で、現状の生活の分析をしっかりすることが必要です。

生活は別で交流を持つ、生活は一緒で食事や交流は別、生活は一緒でときどき別の時間を持つなどいくつかのケースに分類し、それぞれの家族がどの生活パターンにあてはまるのかを判断する必要があります。
同居開始年齢にもよりますが、親世帯の年齢が高いほど、生活が一緒でときどき別の時間を持つ傾向が強いようです。

これが決まると、上下に住むのか左右にすむのか、既存と接続する増築可能範囲によって自然に全体のゾーニングが決まってきます。
玄関は1つがいいのか別々か、キッチンや浴室はどうするのか、団欒は別々と一緒どちらがいいかなど、さまざまなケースが考えられます。
二世帯住宅にするなら、やっぱり有効に機能するように考える必要があるのではないでしょうか?

二世帯住宅の工事が始まりましたらまた、ブログにて紹介したいと思いますのでお楽しみに!!!






2005年11月29日

古民家再生

こんにちは!


リフォームのスペースアップ 泉南店の小野です。



現在プランニングしているお客様で、江戸末期の古民家にお住まいの方がおられます。

とても広いて、50センチくらいのダークセピア色の梁や大黒柱が圧巻なお家です。

このお家をリフォームするに当たっての奥様のご要望を色々お聞きしましたが、

・古民家にあった設備機器で機能性を向上させる

・光と風があまり通らないので、新しいお家ではそれらを取り込みたい

・解体時に出る古材を上手に活用して欲しい

という3つには、特にこだわりを持ってらっしゃいました。



やはり建物は古いもの、リフォームする箇所は新しいものでちぐはぐでは、せっかくの

リフォームが台無しですよね。

古民家のリフォームは数件関わらせて頂きましたが、その点が本当に難しいところです!



光に関しては、古民家では3つ続きの和室なども昔のお家には多く、窓からの採光が奥の間までなかなか届かないことも。

そんな時には、平屋が多いという古民家の特長を活かして天窓やガラス製の瓦を使い

天井からの採光を確保したりします。

2間を1つにするだけでも、奥の間に光を取り込む手ですね。



ご親戚から新築に移ることも勧められたらしいですが、機能性の高いお家ではなく

手はかかるけれど、小さい頃から住んできた古民家にこれからずっと住むことを

選ばれた奥様。

昔の大工さんの技術も最大限に尊重しつつ、本当に居心地の良いお家をプランニング

したいです!

2006年09月28日

古民家カフェ

 こんにちは
リフォームのスペースアップ 王寺店の安田です。



 近頃、朝の空気が変わり、顔を化粧水でぴたぴたと水分補給しておかないと乾燥気味の今日です。

 皆様いかがお過ごしでしょうか?



 さて、今回は、以前もこのコーナーで小野プランナーがご紹介させて頂いた「空SORA」ういう古民家カフェを再びご紹介致します。

というのも、このカフェにお勤めの方から、新店オープンに先立ちプランご依頼を受け、お打ち合わせさせて頂いておりました。

 ただ物件が、歴史と伝統あるお家のため賃貸で、なかなか借りれないとのことで、物件待ちの状態ですが、人足先に空をご紹介いたします。



葛城市の山麓線から少し入ったところに「空」はあります。

 ギャラリーを併設し、常設の古布のリメイク衣類はバッグは、とても丁寧に縫製され、世界で、たったひとつのオリジナル商品です。



 お伺いしたときは、古道具雑貨を扱う雑貨店オーナーさんが、展示されておられました。



お店は、若い女性グループや、熟年のご婦人や、男性まで幅広い年齢層の方が、訪れておられました。



また、お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄り下さいませ。

2009年02月01日

良いデザインとz軸

こんにちは。

土砂降りの中、必死に歩いて帰ったら
靴の中がプールみたいになっていた

リフォームのスペースアップノムサンこと野村です。

先日、中古戸建ての改装工事の下見に行って参りました。
築34年・・・!

しっかり創られた和室、壁収納ユニットつきの応接間、
そして何より回りの環境が良い!
・・・・・静か・・・・

さて、広い家の中を順番に見て回ってみると
見るからにレトロな照明を発見!
先住の方の持ち物との事ですが、しっかりランプもつきました。
カッコイイので写真に収め、お客様の許可がでたら
「頂きたいなぁ」とたくらむノムサンなのでした。

%E6%9D%91%E7%94%B0%E6%A7%98%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88.jpg


2階から1階のヒサシを見ようと窓の鍵に目をやると・・・。
見たこともない形の鍵なんです!!
鎌錠なのは間違いないとですが、
とにかく形・動き共に無駄が無く、スタイリッシュなのです!!

同行中の建築士に尋ねたところ、
昔は良くあったサッシメーカーで近年は扱いが減っていると言っていました。

しかし、見れば見るほどにその動きに見とれるぐらいにかわいいのです。

色んな装飾をしてデザインされた空間も素敵とは思いますが、
このように「意味」のあるデザインというのは、もっとアイディアがいり、
すばらしいなぁと感動を誘う作品だと私は思いました。

%E6%9D%91%E7%94%B0%E6%A7%98%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88.jpg


住空間を提案していく「プランナー」として
「コレがここにあったらオシャレだから・・・」
という提案ではなく
「コレがココにあるとですね・・・こんな風に便利なんですよ」
という提案をする 人 になりたいと思いました。

良いデザインをするには、2次元(x軸とy軸)で物事を考えてはだめ
そこにz軸を加える事で「深み」がでてすばらしい仕事となる。

と先日他のお客様から教えていただきました。
私は仕事も人生も同じだと思います。
z軸を意識して仕事をしていく楽しみが増えました☆

2010年03月11日

古民家

こんにちは。今日も冷えますね~。
奈良店 藤田でございます。

今日は、現在工事中の古民家の現場をご紹介させて頂きます。
築約75年の日本家屋です。

息子様のご結婚にあわせて、新しいご夫婦の為にリビングルームを造らせて頂いております。
前は小屋裏で物置だった部分です。

壁は土壁で、天井は下地のままでした。
立派な丸太の梁が見えています。

P1050296.JPG

P1050297.JPG

木材の色が歴史を物語っています・・・
そして、こちらは部屋としてお使い頂ける様に、断熱材をいれて石膏ボードを貼る前の姿です。
あらたに壁を作る所の下地の木材の色が真新しいですね。

P1030001.JPG

P1030008.JPG


勾配天井にして、梁を見せて仕上ます。今から完成が楽しみです。
完成の写真もお楽しみに・・・(^ ^)/~

そして、本日のサービスショットは7期生の前田君です。
くら寿司で、煮卵のお寿司を見てテンションが上がりまくった瞬間です(笑)
彼も間違いなく「卵」ですが、何に成長してくれるのか・・・?
今から楽しみです。

P1030060.JPG

2010年03月13日

木造と鉄骨造

こんにちは!

今日は風があたたかく太陽がチラっと顔をのぞがせてくれるかなと

期待を胸に仕事に励んでいる伊丹店の町田です。

もう春がそこまで来ていますね。

四国では桜の開花宣言も出されたようですね。

冬生まれの私ですが、春が待ち遠しい今日この頃です。

 

さてさて今日は建築(ケンチク)についてのおはなし。

皆さん「木造」と「鉄骨造」というのを耳にしたことがあるかと思いますが、実際何が違うのかご存知ですか?

リフォームにおいて1番大きくかかわってくるのが「間取りの自由度」です。

使いやすい家にするためにリフォームをする。

その中で間取りというのは非常に重要になってきます。

↓下の写真は「木造」の解体写真です。

222222.JPG

壁を解体するとたくさんの柱が出てきました。

 この柱たちは上に横たわる「梁」という部材を支えるために必要なもので、

抜けるものと抜けないものがあります。

ですのでプランを作っていく上で大きなキーポイントとなってきます。

「部屋のど真ん中に柱が残った~」ではせっかくのリフォームが台無しになってしまいます。

プランナーがしっかりと「柱が邪魔にならないプラン」「柱を活かしたプラン」を作成します。

柱が残りプランするのが難しい物件ほどプランナーの腕がなるんですよね!!

また下の写真のように家の強度を上げるために塚する柱もあります↓

111111.JPG

333333.JPG

うまく部屋割りをして強度を保ちながらプランする。

強度は見た目以上に大事なことですからね!!

 

 木造とは反対に自由度が高い構造が「鉄骨造」です。

解体現場を見てみましょう。赤い天井に通っているのが梁で、柱も赤い鉄骨です。

444444.JPG 555555.JPG

鉄骨造はこの赤い部分で強度を持っているので木の柱は全く力を支えていません。

単なる部屋の仕切りとして木の壁を立てるのです。

ですので好きなところに間仕切り壁を立てて好きなだけ大きな空間が作れるのです。

しかし、この赤の柱は100%とることが出来ません。

木造の柱であれば補強をすれば柱を抜くことも出来るのですが、鉄骨の場合はそうは行きません。

また柱が大きいので部屋内に「柱型」というでっぱりが出てきます。

「まっすぐの壁にしたいのに出っ張りが・・・」ということも出てきます。

またまた部屋割りやうまく家具の配置をして使いやすい家造りをするのがプランナーです。

 

木造と鉄骨造どちらも一長一短ありどちらもプランニングする際のポイントがあります。

皆様のお家は「何造」でしょうか?この他にもたくさん構造の種類はあります。

リフォームをお考えの際は是非是非スペースアッププランナーにご相談下さいませ☆

 

2010年03月31日

古民家

こんにちは。奈良店 藤田でございます。
桜が咲き出したと思ったら雪が降ったりと・・・
今年は変な天気が続いていますね。

今日はこれから工事をさせて頂く事になったS様のご紹介です。
スペースアップでは評判の良い、古民家の工事です。

S様宅は築約50年になります。
平屋建ての母屋の内装を工事させて頂くのですが、離れにある浴室、洗面、トイレを母屋の中に新設します。
また、お家の中の段差を解消させます。
和室の床の高さは変えず、それ以外の床の高さをバリアフリーにする予定です。

とても立派な梁が迫力ある和室は、今ではなかなか見かけることがありません・・・
P1030094.JPG

また、外観も趣がありますね~。
P1030114.JPG

どんなにステキになるか・・・今から楽しみです。
これから具体的に仕様のお打合せが始まりますが、絶対に喜んで頂けるよう全力投球です。

2010年06月03日

古民家リフォーム

こんにちは。奈良店藤田でございます。

今日は現在工事が進行中のS様邸をご紹介したいと思います。
こちらのお宅は築約50年の古民家です。

元々は離れの屋根が抜け落ちてのご相談でしたが、洗面・浴室・トイレが離れにあり、母屋から1度外に出て行かなければならないのを、母屋に新設する事になりました。
それに伴ってLDKの改装や室内の段差解消など、大きく大変身させる事になりました。

まずは大きな玄関ですが、和室に行くのに1度靴を履かないといけませんでした。
B%E7%8E%84%E9%96%A2.JPG

それを解消するように玄関ホールでつなげました。
A%E7%8E%84%E9%96%A2.JPG

また、お部屋間にこんな段差がありました。
B%E6%AE%B5%E5%B7%AE.JPG

それも段差をなくしまして、大きなLDKにしました。
見事な梁も出てきました。
LDK.JPG

まだまだ工事途中ですのが、今から仕上りがとても楽しみな現場です。
これまでにも天井裏には藁や土が20センチも積まれていて、担当の前田君や今年入社の大西君・山根さん王寺店の有田君や藤君達が、2日間かけてほこりまみれになって降ろしてくれました。
また、3部屋をつなぐ長さの立派な梁が見つかったり、現在の建売住宅では考えられない事だらけです。
完成しましたら、またご報告しますね。

そして、先週東京ビックサイトで開催されましたデザイナーズリフォームEXPOの見学に行って参りました。あたらしい商品やこれからの提案に使えそうなアイデアなど、とても参考になりました。
その中でも収穫は、あの・・・収納王子(OK小島さん)の講習が聞けた事です。
収納と片付けの違いなど、改めて勉強になりました。
%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E7%8E%8B%E5%AD%90.jpg

そして、会場ではなぜか突然「東京ラーメンコレクション」のブースがあり、人気の5店舗のラーメン屋さんが出ておりました。
もちろん、一番人がたくさん並んでいた「せたが屋」さんのラーメンを頂いてきました(^ -^)V
%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AC.JPG

2010年07月22日

古民家再生・・・

こんにちは。奈良店 藤田でございます。
梅雨明けしたかと思うと急に真夏日ですね・・・
今日、阪神高速の電光掲示板には38℃と表示が出ておりました。
皆様、体調管理には充分ご留意くださいませ。

表題に戻りますが、古民家の工事をさせて頂いていたS様邸が完成し、先日プロカメラマンに撮影して頂きました。
本格的な古民家で、これほど大掛かりな工事を担当させて頂くのは初めてでしたので、完成した現場を見たとき、私自身もびっくりするくらい見違えておりました。

低かった天井を思い切って高くし、隠れていた立派な梁を見せて仕上ました。
また、床の高さがまちまちでしたが玄関ホールから水廻り・LDKをバリアフリーに仕上ました。
リフォームならではの、本当に味わいある現場でした。

Before
%E7%8E%84%E9%96%A2Before.JPG

After
%E5%9F%8E%E5%B1%B1%E6%A7%98%E7%8E%84%E9%96%A2.jpg

Before
%EF%BD%B7%EF%BD%AF%EF%BE%81%EF%BE%9D%E5%89%8D.JPG

After
%E5%9F%8E%E5%B1%B1%E6%A7%98%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3.jpg

Before
Before%E6%B4%8B%E5%AE%A4.JPG

After
%E5%9F%8E%E5%B1%B1%E6%A7%98%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg

%E5%9F%8E%E5%B1%B1%E6%A7%98%EF%BE%80%EF%BE%9E%EF%BD%B2%EF%BE%86%EF%BE%9D%EF%BD%B8%EF%BE%9E.jpg

いかがでしたか・・・迫力ある梁、和室との調和、古民家って本当に味わいが違いますよね~
夏休みに親戚のお子さん達が帰省されるようですが、おどろく姿が楽しみです。
S様との出会いに感謝です。本当にありがとうございました。


2010年11月17日

N様邸 鉄骨3階建てリフォーム

こんにちは☆

めっきり寒くなって今年はスタイリッシュに冬を過ごそうと
コタツを出さない!と決めたのですが
コタツの魅惑に・・・とても悩んでいる
スペースアップ吹田店 の 寒がりノムサンです。


先日、半年以上たってしまいましたが 完成現場の撮影会に伺いました。
N様はご契約のとき奥様のおなかの中にいたユリちゃんが着工前には
生まれてきて、顔を見せていただいた
とても思い出深いお客様です。

現場は旦那様の実家の横の3階建ての店舗兼、寮として使われていた建物で、寒い感じがする
仕上げになっていました。

そこをご家族3人とワンちゃん1匹で住むためのリフォームでした。
施工写真はまた来週、
今回はかわいい ユリちゃんの写真です。
奥様の手作りおもちゃで遊んでいます。綺麗なお顔立ち、めざせモデル!

%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93.JPG

そして姉のちゃちゃ!スペースアップ通信にも載りました
%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%A1%E3%82%83.JPG


二人ともかわいいです☆
元気にそだって、大きくなったらショールームに遊びに来てほしいな。

話は変わりますが、お休みに田舎に帰りました
ひと時「ホッ」とした私の「ヤスラギ」を皆様にもおすそ分けです。
最近「ヤスラギ」に請っています。
毎日変えるお家の中に「ホッ」とする空間があったらいかがですか?
お家に自分の居場所のように、落ち着ける空間、
そんなお客様だけの「ヤスラギリフォーム」したいのです!

あ、話戻します、田舎の写真ですどうぞ

%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%8B.JPG

%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93.JPG
いつも田舎のおばちゃんは私達がいくと茶碗蒸し(うどん入り)と白和えを作ってくださいます
これが食べてくて幼い頃から毎年楽しみにしていたものです☆

同行人!実家のペット「ポンタ」です。初登場!かわいく撮れたから特別出演

%E3%81%BD%E3%82%93%E3%81%A1.JPG

2011年04月07日

古民家

おはようございます。
奈良店の藤田でございます。
桜をはじめ、お花がきれいに咲き乱れるシーズンとなりました。
奈良店では以前工事をさせていただいたお客様より、ストックを100本も頂きました。
スタジオ内がとても良い香りに包めれております。
我が家にもおすそ分けをいただきました(^-^)
P1050799.JPG
P1050802.JPG
お花があるだけでとっても癒されます・・・
東北にも早く桜が咲き乱れる事を祈ります。

さて、タイトルにしました古民家ですが、このところ築100年という古民家のご相談が増えて参りました。
昨年工事をさせていただいた古民家のS様の写真を見て頂く事で、完成後をイメージしていただきやすく、ステキに生まれ変わる事を知っていただきました。
ゴールデンウィーク明けにはN様のお宅の工事が始まります。
これから、しっかり仕様を決めるお打合せをさせて頂き、ステキなお家に生まれ変えて参ります。
どうぞお楽しみに~!!

2011年05月14日

木造在来工法の改築

 

皆様、こんにちは。

堺北店・プランナーの坂口です。

 

今日は爽やかな週末ですね。

空気も風も、心地よい一日です。

梅雨時期に入る前に、暫し“春”を楽しみたいですね~♪

 

 

さて今日は、木造在来工法・一戸建住宅 K様邸の改築工事をご紹介させて頂きます。

 

堺北店では、日々沢山のお客様より、リフォームのご依頼を頂いております。

そんな中、とてもお優しくお風呂が大好きなご主人様と、明るく拘り派の奥様は、一戸建中古物件をご購入され、K様だけの夢のマイホーム色いっぱい☆のリフォームをご要望。

 

階フロア部分は、既存LDKがコンパクトスペースで北側方向に配置されている事を気にされていましたので、日当たりの良い南側方向にLDKを全面的に間取り変更させて頂き、水廻り全般を北側に配置換えさせて頂きます。

今あるキッチンは、少し前の年代ではベーシックなⅠ型の木目調の扉で、周辺の壁は目地掃除にひと苦労のタイル貼りで仕上られています。

リフォーム後は場所を変え、“対面型キッチン”へと生まれ変わります。

 

%E4%BB%8A%E3%81%AE%EF%BD%B7%EF%BD%AF%EF%BE%81%EF%BE%9D.jpg

南側の好条件な場所に、和室が二間続きになっていて、床の間と仏間もしっかりと確保されています。

床柱は前彫の黒檀風です。

%E5%92%8C%E5%AE%A42%E9%96%93.jpg

玄関を入ると、正面に二階へ上がる階段が目に飛び込みます。

今回のリフォームでは、この廊下も少し移動させます。

%E5%BB%8A%E4%B8%8B%E9%9A%8E%E6%AE%B5.jpg

既設のトイレはタイル仕上げで、床段差もあり、階段下を活用している為、天井も低くなっています。

現在工事中で、トイレの場所は移動させています。

%E6%AE%B5%E5%B7%AE%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%EF%BE%84%EF%BD%B2%EF%BE%9A.jpg %E5%A4%A9%E4%BA%95%E4%B8%8B%E3%81%8C%E3%82%8A%EF%BE%84%EF%BD%B2%EF%BE%9A.jpg

 

さて、これは解体後の床の間・仏間、そしてその向こうには浴室と洗面所です。

立派な柱と筋交いが、立ち並んでおります。

%E6%B5%B4%E5%AE%A4%E3%81%8C%EF%BD%B7%EF%BD%AF%EF%BE%81%EF%BE%9D.jpg %E5%92%8C%E5%AE%A4%E3%81%AE%E7%AD%8B%E4%BA%A4%E3%81%84.jpg %E7%AD%8B%E4%BA%A4%E3%81%84.jpg

中廊下も壁が無くなり、今だけはスッキリ明るい状況です 。

%E5%BB%8A%E4%B8%8B%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BE%8C.jpg

綺麗な天井裏の梁、そして床下と大引き・床束の状況です。

しっかりとした建物であることが、伺われます。 

  %E5%A4%A9%E4%BA%95%E3%81%AE%E8%A3%8F%E5%81%B4.jpg %E5%BA%8A%E4%B8%8B.jpg

 

間取り変更の為、柱と筋交いを必要最小限内で撤去・移設をさせて頂きますが、お家の構造耐力の事を考え、この後は梁や筋交いで補強を致します。

 

 

%E5%8C%97%E9%87%8E%E6%A7%98%EF%BC%AC%EF%BC%A4%E8%A7%A3%E5%83%8FDOWN.jpg

まだまだ着工したてで下地の段階ですが、この様な3Dのイメージが完成予想図となっております。

開放的なLDK+畳コーナー空間です。

これからどんどん変身して行きますので、次回の進捗状況をご期待下さい!!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*

  スペースアップでは、癒しの空間・居心地&機能性のよいお住まいなど、

  幅広いご提案をさせていただいております。

  ありとあらゆる、お住まいのお悩みを解決させていただきます。

  どうぞ、お気軽にお近くのお店へ、ご来店・ご相談くださいませ。

*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*

           株式会社スペースアップ 堺北店

         〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町7-1-17

           フリーダイヤル  0120‐5252-48

 

2011年06月17日

古民家全面改装工事が始まりました!!

こんにちは。奈良店の藤田でございます。

6月に入り、以前からお伝えいたしておりました築100年の古民家の全面改装工事がスタート致しました!!

古くから家業を営まれていらっしゃいましたので、その名残の品々やたくさんの荷物などの処分・片付けからお手伝いさせていただき、無事工事に着手できました。(^-^)

今年入社の石橋君
%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E5%90%9B.JPG

中君達が、
%E4%B8%AD%E5%90%9B.JPG

新品の作業服が板に付くほどどろどろになって、現場で頑張ってくれました!

西田店長も荷物移動・ゴミの処分に終日現場で汗を流し、体を動かすとストレス発散になると現場主義を実践してくれていました・・・

工事は床を下げて、室内をバリアフリーにする事。
玄関から框までの高さが14.5cm、
%E7%8E%84%E9%96%A21.JPG

框の床の高さから和室までが45cmもあり、
%E5%BF%9C%E6%8E%A5.JPG

この高低差をしっかり解消して、スムーズな動線で暮らして頂けるようにご提案させていただいております。

現在は、この床もすでに解体され新たな束石に鋼製束で床を作り直しています。
%E9%8B%BC%E8%A3%BD%E6%9D%9F.JPG

そして、寒さを解消する為に床下にしっかり断熱材を入れてもらいました。
この断熱材、最近まで生産が追いつかず貴重品でした。
%E6%96%AD%E7%86%B1%E6%9D%90.JPG

また、応接間の壁からは立派な梁が出てきました!
%E6%A2%81.JPG

そして、リビングになる天井も梁を見せて仕上る予定です。
%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%A4%A9%E4%BA%95.JPG

解体して初めて構造体が分かり、仕上の計画も進みます。

すてきなお宅に大変身する事間違いなしです!!

どうぞ次回の途中経過をお楽しみに~。

2011年06月24日

木造在来工法のお家~工事中~

 

昨日、今日と真夏の様な暑さですね。

梅雨の中休み・・・と言ったところでしょうか^^b

本日の大阪は気持ちの良い天気で、今朝、バルコニーのプランターを覗いてみると・・・

新しい生命が。

朝顔の芽が、ふわんっ と。

小学生の夏休みの植物観察の如く、見入ってしまいました☆

%E6%9C%9D%E9%A1%94%E3%81%AE%E8%8A%BD.jpg

これから、みるみる育って行く姿が、楽しみです♪

 

皆様、こんにちは。

堺北店・プランナーの坂口です。

 

梅雨時期とは言え、工事はお休みしている場合ではありません。

着々&コツコツと進行していっております^^

 

先日よりご紹介させて頂いております、木造住宅改築工事のその後の様子をご紹介させて頂きます。

とても信頼のおけるM大工さんが、毎日毎日コツコツと、K様のお家に新しい息を吹き込んでくれています。

       %E6%A3%AE%E8%B0%B7%E5%A4%A7%E5%B7%A5.jpg

暑い日も、雨の降るジメジメした日も、少しづつK様のお家は進化を遂げていっております。

 

 “ リフォーム ”は、その殆どが注文建築であり、世界に二つとない、その住まい手の為だけの家が実現・カタチとなります。

そんな、住まい手の想いと夢を叶える為のお手伝いをさせて頂ける事に、日々感謝し、誇りを感じております

 

まだ、工事途中ではございますが、ご覧下さい。

 

玄関扉を挟んで、

  左:片筋交いの構造補強

  右:構造柱を利用して明かり&デザイン考慮のアクリルブロック

     K%E6%A7%98%E7%8E%84%E9%96%A2%E2%91%A0.jpg

 

構造柱や筋交いが見事に見渡せるスケルトン状態

新旧の柱・筋交いがはっきりとわかります

      K%E6%A7%98%E6%A7%8B%E9%80%A0%E5%A7%BF%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

 

階段の奥は浴室と洗面脱衣室、左側にはトイレを設置

ユニットバスは1坪サイズ 入口はバリアフリー&片引戸をご採用

     K%E6%A7%98%E9%9A%8E%E6%AE%B5%EF%BC%86%E6%B5%B4%E5%AE%A4.jpg    %EF%BE%95%EF%BE%86%EF%BD%AF%EF%BE%84%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BD%BD%E8%A8%AD%E7%BD%AE.jpg

 

リビングへ入る片引戸は迫力のハイドア

暗くなりがちな中廊下に光を取り入れる為、ハイドア&採光たっぷりのデザインを取り入れました

    左:リビング側から見た姿

    右:廊下側から見た姿

      %EF%BE%8A%EF%BD%B2%EF%BE%84%EF%BE%9E%EF%BD%B1%E5%A7%BF.jpg %EF%BE%8A%EF%BD%B2%EF%BE%84%EF%BE%9E%EF%BD%B1%E5%A7%BF%E2%91%A1.jpg

 

この様に、リフォームが完成するまでには、そのひとつひとつにドラマがあり、意図することがあります。

完成したお家は、一軒一軒、本当に素晴しく、美しいです。

でも、そこに至るまでには、住まい手の想い・お悩み・生活・現実・・・様々な事が混在しております。

これからも、“ 住まいあるところにスペースアップあり ” と言っていただける様、「地域の皆様に愛される私達でありたい」と思い、日々研鑽して参りたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

2012年02月16日

平屋着工!

こんにちは。
泉店プランナー中川です。

本日の横浜はかなり冷え込みました!
久しぶりの真冬日ということで
雪もちらほら降っていました・・・*


そんな中、泉店で進行中の素敵な現場を一件後紹介します♪

工事をご依頼いただきました、T様邸
平屋のほぼ全面改装の現場です!

Beforeがこちら。


広い縁側が魅力の立派な日本家屋ですが、ここからお客様の夢の形へと変貌を遂げます!


解体してみると屋根裏が見通せます。

普段みることの出来ない姿を見て、改めて家の構造に感心してしまいます…

我らが泉店アドバイザーの小池主任も解体に参戦です!

持参のバールで頑張っています!

和室2部屋だった広い空間がLDKになります。

柱の間隔が空くため、こんなに太い梁でしっかり構造補強をしていきます。

リフォームは目に見えないところでも、住む人のために新しくなっていくのですね。

またお家が変貌していく様子は、次回のブログにてご紹介します!


春の気配はありますが、まだまだ寒い日が続きますので体調には充分お気をつけてお過ごしください☆

■■ スペースアップ 泉店 ■■
神奈川県横浜市泉区中田北2-6-22
Tel:0120-5252-48

About 戸建てリフォーム

ブログ「オシャレ リフォーム日記」のカテゴリ「戸建てリフォーム」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは外壁リフォームです。

次のカテゴリは耐震リフォームです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type