メイン

ペットリフォーム アーカイブ

2005年06月21日

ペットにとって過酷な夏 ゜。゜。゜。

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店の小野です。



先週、豆柴を飼っていらっしゃるお客様、猫を3匹飼ってらっしゃるお客様のお家に

おじゃまして来ました。

ふかふかな毛並みを見ていると、可愛いけど暑そうだなぁと思いました。



毎年、夏にはペットの熱中症のニュースが流れますよね。

ワンちゃん、猫ちゃんは暑い所で放っておかれても、自分で助けを求めるのが難しいので、

一緒に暮らしている家族が快適な居場所をつくってあげたいものです。



夏場、ペットにとって快適なのは、冷たい所にお腹をくっつけたり、風通しの良い所で

寝転んだりする事です。

そこで、合板にタイルを貼ったり、木枠と桟にウッドパネルを打ち込んだりして

お昼寝場所を作ってあげるのはどうでしょう?



タイルのお勧めはテラコッタタイルです。

テラコッタタイルは水で濡らしてあげると気化熱の作用で表面が冷たくなります。

素焼きのワインクーラーなどは、これと同じ原理です。

蓄熱効果もあるので、日中おてんとさんに当てておくと蓄熱し、夜は放熱してくれます。

冬はペットに優しい天然のカイロになります。

テラコッタは水洗いも出来るし、滑りにくいのでペットの足にも優しいんですよ!



ウッドパネルは隙間をあけて板を打ち付けているので、上に寝そべっていても

お腹の下を風が通り抜け、とても涼しく過ごせるんです。



タイルやパネルは並べるだけでも効果はありますが、安全面を考えると固定したいですね。

日曜日に、お父さんに作ってもらってはいかがでしょう?

2005年06月28日

ワンちゃんにも癒しを

こんにちは!
リフォームのスペースアップ 王寺店の小野です。
先週に引き続いて、ペットのお話を・・・。

人間と同じように、ペットにも成人病・ストレスが増えていますね。
こころの変化のシグナルは、ほえる、かむ、ストレスで自分の体をなめる、
トイレ以外の場所で排せつするなど問題行動が出始めたときです。
人間と同じで、寂しい思い・辛い思いをすると、いたずらをして飼い主の気を
引きたがるようです。
飼い主に子供が生まれ、かかりきりになったりすると、前足を舐め続けて
皮膚炎になるワンちゃんもいます。
こんな時は、一緒に居る時間や遊ぶ時間を増やしてあげると落ち着きます。

毎日余裕無く働いている飼い主さんも、たまにはワンちゃんと一緒に良い香りに包まれながら、ぼ~っとしてみては如何ですか?
何と言っても手軽なのはアロマテラピー!
効果は人間とほぼ同じ。
癒しにはラベンダーやレモンバーム、カモミールが定番ですよね!
あったかいお湯を汲んできて1・2滴おとすと、水蒸気と一緒にお部屋に広がります。
足だけ浸けてあげるのも効果があるんですよ。
ティーツリー、ユーカリなどはノミやダニなどから防御する効果があります。
これはお散歩の時などに首輪につけてあげるといいですよ。
ワンちゃんは鼻がよく利くので、オイルの使いすぎには気をつけてくださいね。

2006年10月01日

ペット野村です

初めまして7月から入社しました野村です。挨拶が遅くなりましたがこれからよろしくお願いします!さて私はいわゆる転職人なのですが、以前の職業はリフォームとは全く方向の違う職についておりました。・・・動物病院の看護婦さんです!驚いて言葉もない方が多いでしょう、「また何デ?」とよくきかrます、答えはズバリ「やりたかった」からです。人生1回しかないのです、そう考えると色んな事に興味が沸き、経験したいと思い、感動していたのです。しかし動物好きは治まるわけではりません、最近はペットブームでドックカフェ、ドックエステ、ドックセラピー・マッサージ、電車などでも飼い主様と一緒にお出かけスタイルの洋服姿のわんちゃんを良く見かけます。ペット可のマンションも増えていますよね、ならば!動物病院(9年勤務)で培った豊富な生態知識とリフォームの知識を持ち合わせた私こそっ!ペットと快適に暮らす提案ができるはず!と立ち上がりました。みての通りやる気マンマンです。他のペットリフームとは異なる私の方法で勧める所存です、また新しい報告ができるようにがんばります。

2007年09月09日

ペットリフォーム

こんにちは!




リフォームのスペースアップ 堺北店のプランナー野村です。

先日マンションの全面リフォームをさせて頂きました。

今回は「2匹のワンちゃんと快適に暮らす」がテーマ!家具や床の色目はワンちゃんの毛が見だたないように同じようなベージュ系を選びました。

玄関の土間はタイルにしてワンちゃんが熱くなった体を冷やせる様になっています。

真夏のペット(犬)の病気のダントツ1位に熱射病が有ります。汗をかけないので舌をへっへっと出して熱を蒸発によって体外に出すのですがマンションでは熱が籠もりやすく、長時間のお留守番にはクーラーなどが必要となるでしょう。しかしタイルは冷たくヒンヤリ・・・2匹は玄関で涼みながら大好きな飼い主様の帰りを待つことができるのです☆

2匹ともとっても賢く、現場完成見学会でもいらっしゃったお客様に尾振りとワンワン!で「歓迎の大騒ぎ」を披露していました。とってもかわいいM&Tちゃんでした☆

ペットリフォームの事なら動物マニアの野村に何でもご相談下さいね!



◎イベント情報  「堺北店」◎

  9月8日(土)・9日(日) 10:00~17:00

  堺市民会館 4F 小集会場にて 

  リフォーム相談会開催中デス!

2007年12月22日

ノムサンのペットリフォーム

こんにちは。

毎日黒猫のジジと毛布争奪戦を繰り広げながら

寝付くリフォームのスペースアップ 堺北店の野村(ノムサン)です。



実は私は以前、動物病院に勤務しておりました。

その経験をいかし、ペットリフォームについてアドバイスをできたらと思っています。





☆今回のテーマ「ペットtoドア」☆



室内でわんちゃんや猫ちゃんと暮らしていると

開きドアを勝手に押して開けていく子や、

猫ちゃんならノブに飛びついてドアを開ける子もいますよね。

・・・そしてもちろん開けっ放し・・・

この季節 「寒い」!

こたつの中から全開で冷気が流れ込むドアをジッと

見つめても眼力でドアが動く事もなく・・・(涙)



しかたなくこたつの国から脱出・・・。



ペットと暮らすのは楽しいですが困った事や、

頭を悩ます事も多いものです。

生活スタイルが、ペット本位ばかりになっても、人間本位ばかりになっても

「ステキな暮らし」はできません。

一歩ずつ譲り合いましょう



とは行っても物言わぬペット達にはリフォームの希望が聞けないのでは?

いいえ大丈夫です、彼らは常に要求を表現しています。

ただソレを感じとればいいのです。



ドアを開けっ放しで大好きな飼い主の部屋から出て行く事にも「理由」があります。

それはトイレに行きたい!とか帰宅した父を玄関に迎えに出たい!だとかの「要求」です。



ただ「寒いから」を理由にしかりつけてはかわいそうですし、ドアに鍵をつけ行動を規制してしまうのも良くありません。



そこでみなさんご存知のペットドアです。

今や色んなシリーズがあり、勝手口や網戸にも対応した商品もでています。

スタイルも従来通り、押し開けるタイプからカギ付き、ふた付き、センサー開閉付き・・・盛りだくさんです。



ドアを入れ替えるのが良いですが、無理な時は後付けの商品もございます。

ドアに穴を開けて両サイドからはめこむ簡単施工ですが、取り付けの高さ(床から)が適当でないと通れませんのでご注意を。



あとは見慣れない物をどうやってペット達に使い方を教えるか?ですね・・・



☆続きは次回お話しますね☆

2008年01月05日

ペットリフォーム「ペットドア訓練」

こんにちは。
ペットリフォーマー野村です。

さて
年末のペットドアの使用方法をペットに教え込む「訓練」ですが・・・。

どの子も100%上手くいくと思わないで下さいね
極端な「恐がりさん」などは見慣れない物=恐怖にしか感じないので
ドア自体が「ストレス原因」になってしまいます・・・。
ざ、残念ですがっ・・・・あきらめて下さい。

ステップ1
:ドアの使用目的を伝える
 ペットドアを開けテープなどで止めて開けっ放しにしておきます。
 実はこの状態で難なくクリアする子も多いです。
 好奇心豊富なワンちゃんや、
 怖い物知らずの猫ちゃんはデキル可能性「大」!

ステップ2
:通る(くぐり抜ける)事=楽しい と教える。
 偶然でもいいですのでドアを通ったらつかさず
 「偉いね」と軽く褒めご褒美にチョコッとだけ好物を与えます。

 ここで褒めすぎないで下さい、日常のコノ行動は毎日何回も繰り返されます・・・
 そのたびオーバーに褒めてあげないと満足しなくなりかわいそうです。
 
 おやつも初めは使って良いですが、
 5回ぐらい繰り 返したらもう与えずに「声」と「表情」で褒める程度にしましょう。

何度もいいますが、ドアを通るたびに「好物」がもらえると思ってもらったら困ります。
いつももらえるのにナンデ?と悲しませます。

ステップ3
:気づかぬうちに・・・訓練
 ペットドアを少し閉まった状態で反対側から呼んであげましょう☆
 きっとソロリと通ってくることでしょう。
 ガンコ者の場合少しドアを動かして「こうするんだよ」と見せてあげましょう。

ステップ4
:本番
 完全に閉まった状態で通るのをじっと待ち
 通ったら「偉いね」とほめてあげましょう
 1回目は大いに褒めてあげて良いでしょう。
 もう大丈夫!


もし、スッテプ1~3を1日でできなかったら・・・
次の日は訓練内容の半分以上忘れていると思って下さい。
(・・あ、ふざけてないんですよ真剣に忘れます。涙)
感情的にならずゆっくり根気よく教えてあげましょう!

アナタのペットちゃんは大きなドアを開け(閉めないけど)て行くのです、こんな小さいドアを開けれないはずがありませんよね(強気)!

そうしてペットと人がお互いに気兼ねなく暮らせる
楽しい生活が始まります。
ワンステップ!・・ツーステップ!・・ですね。


猫ちゃんは「褒める」より「好物」か「じゃらしながら」が上手くいきますので、その子の性格に合わせてあげましょう。
     

2008年01月22日

ノムサンのペットリフォーム

こんにちは!

堺北店のペットリフォーマー野村です。



今回はペットの「居場所」についてお話しましょう。

先日千里店のプランナーから「犬小屋」について相談がありました。

庭のウッドデッキの上に犬小屋が欲しいと・・・。



一口に「犬小屋」といっても

ワンちゃんのサイズや犬種によっても形状は変わります。

しかし基本的にお外なら「夏涼しく」を守ってください。

暑さによる「熱射病」で病院に担ぎ込まれる件数は近年上昇中です、汗をかいて体内の熱を放出するという能力が彼らにはありません、まして毛皮におおわれています。

暑くてたまらないんですよ・・・。



まず「風通し」「日陰」を重視して「夏涼しく」を守ってください。



「うちの子は寒がりで・・・」



良く聞きます。動物病院で飼っていたラブラドールが丸虫みたいに丸くなって自分の股に鼻を挟み込んでしのいでいるの見てきました。



でも考えてみてください、「寒い」ならコートを羽織るように、彼らも毛布やマットで寒さをしのげます。

小屋の周りに冬だけビニールや発砲スチロールを貼り付けるだけでも十分しのげます。

(実際にはもっと良い断熱材を使用してあげてくださいね☆)

「暑さ」はあれ以上「脱ぐ」ことのできない彼らにとっては命の危機すら感じる怖いものなのです。

 あ、あとお水も夏はタップリと新鮮なものをご用意下さい。



今回のテーマ「居場所」ですが、暮らしの中で



「ここはボクの場所」



と思える、安心でくつろげるスペースを作ってあげてください。

考えてみてください。

もし自分の家にお気に入りのソファや、快適ベットがなかったら・・・

イバショがなかったら・・・。

帰りたくなくなってしまいませんか?

「うちに居場所が無くてね」なんて日曜日にコーヒーショップで愚痴る中年パパみたいに虚しくなりますよね。



彼らにもプライベートは必要なものなのです。



庭で飼っている子は『小屋』が居場所です。

快適なマイルームに仕上ましょう!



誤解の無いようにいっておきますが、

コレは「距離」を置け!と言っているのではありません。

1日1回は必ずめいいっぱい「かわいがる時間」を創りましょう、遊ばなくてもリビングに一緒にいるだけで、声をかけるだけで十分です☆



そんな時彼らは、飼い主の傍らこそが自分の『居場所』と思うのです。最高に幸せ時間なわけです。





・・アナタの中に僕らノ「居場所」ハアリマスカ?・・・





 長くなるので今回はここまでにします。

次回は「居場所」創りのリフォームの仕方や商品を紹介していきます。





=参考=●室内ケージ

    ●ドックフェンス



次回予告:室内「居場所」創り

2008年01月27日

ノムサンのペットリフォーム

こんにちは。



リフォームのスペースアップ堺北店の 野村です!

今週もやって参りました、ペット企画。



先週の続きペットの「居場所」についてお話しします。

余談ですが、ここのところの「爆弾寒波」の影響にて私の「居場所」はもっぱらコタツになりました。



あ、ペットの居場所ですね・・・。

ワンちゃんの場合多くは小型犬を室内で飼う、または大型犬を室外(庭など)で飼う、のどちらかになると思われがちです。

しかし最近のペットブームにノリに乗って、ラブラドールやゴールデンレトリーバーなどの大型犬を室内で飼う家族も増えてきています。



大きな子ほど自分の「居場所」が必要です。

この「場所」は共同生活のルールを決める大切な役割をします。

大型犬の室内の「居場所」



  ・玄関ホール = ・玄関収納の下収納部分

            ・階段下のデッドスペース

  ・リビング  = ・ソファの傍ら

            ・パスコンコーナーの足下の空間



ちょっとした空間で少し狭いかも!?くらいが心地よいみたいで落ち着きます。

壁で覆う事も出来ますし、前面は全部オープンでもいいと思います。



スペースは上記以外にもクッションやタオルを敷いただけでソコは「居場所」になりますので、あくまで参考に、していただけると光栄です。



今日の様に寒い日はクッションや毛布などを与えましょう。自分で好きなように使用するでしょう。

古くなった玄関マットも重宝します!



飼い主様のよく見える場所を好むタイプと、人見知りをしたり、一人が好きなタイプでは落ち着く「居場所」が異なりますので、良くご自分のペットの性格をしってくださいね☆


2008年02月03日

ペットリフォーム

こんにちは。

小学生の頃は「動物博士」と呼ばれていた 

リフォームのスペースアップ野村です・・・。



わんちゃんの事ばかりとりあげていましたが

猫ファンの方、お待たせしました!

今回は猫ちゃん☆です!(パチパチパチ)



私も黒猫(12歳♀)を1匹飼っていますが猫達は「自由」を生きる生き物です。

こちらの思惑通りにはなりません、甘えたい時にだけ近寄ってきて、来たからといって抱き上げたら必死に飛び降りる・・・。

ナンナノ・・・?

と独り言が増えてしまいます。



でもそれが「猫を飼う」魅力でもある事は間違いありませんよね。



猫ちゃんの「居場所」は ズバリ! 高い場所 です



冬はTVの上やこたつの中など暖かい場所・・・

夏は出窓や廊下の涼しい場所・・・

でも気がつくと家の高い場所から見下ろしている事が多いですよね。



うちの黒猫はおばあちゃんなので冷蔵庫に飛び上がれず、「上げれ」とうるさいぐらいに鳴きます。

そんなに高いところが好きなのか・・・

(乗せても5分ぐらいで降りてくるのに・・・)



家の中に猫の安心できる高い場所はそんなに多くありません

そこでリフォームで壁にキャットウォークなるものを取り付けましょう☆



キャットウォーク 猫の道



床から1.8mから2・2mぐらいの高さに棚板みたいなものを取り付けます。

「道」なので幅は広くなくていいでしょうが猫ちゃんが寝そべったり座ったりできる幅にします。



キャットウォークは幅もせまく高さは自由にきめれますので置き家具に当たってしまったり、生活動線の邪魔にもなりません。

なお且つ、室内飼いの猫ちゃんの問題点、運動不足を解消できるのです!



試す価値あり!

お考えの方は猫ちゃんの性格や猫種によっても提案が個々変わってきますのでお問い合わせくださいね。



猫の性格と人の生活スタイルに合わせたペットリフォームをしましょう!

2008年02月16日

ペットリフォーム

こんにちは


リフォームのスペースアップ堺北店:ノムサンです。

私の好きなもの
それは・・・ 建物鑑賞・動物干渉・・・

最近は建物鑑賞に連れて行ってくださる夫が多忙で休みが合わないのでもっぱらペットに癒される休日を楽しんでおります。

ちまたでは何やら「~カフェ」や「~エステ」とゆう言葉が良く行き交ってますね、
中でも私が気になるのは「耳エステ」
耳かきは人の歴史の中でも上位にランクインする「癒し」だと思いませんか?
ずいぶんと古くから日本でも楽しまれて(?)きました、伝統あるコニュニケーション!

ところで、ココでペットに関係する話です。
ワンちゃんの耳掃除の仕方をご存じですか?
病院でご覧になって「ひゃ~」と驚かれた方も少なくないはず。
彼らは耳道が長く、掃除しようにも奥は見えません。
そこで、洗浄液を流し込み、耳道内に液を溜めたまま耳の根本をマッサージ!
奥の汚れを浮き上がらせ、綿花でふき取ります。
何度か繰り返せば綺麗にサッパリ☆
とっても嫌がりますが、定期的にしてあげないと「外耳炎」になってしまう恐れアリ。
考えてあげてくださいね。
耳が汚くなるのはズバリ「通気」の悪さ、
耳の垂れた犬種は特に長い耳道は湿気がこもり、細菌が繁殖しやすいのです。
家と同じですね、通気を良くしてあげるのが「快適」の鍵なのです☆

たまに垂れている耳をめくってあげましょう。
寝ている時がねらい目。
布地のバンダナで耳をオールバックにしたダックスを見たこともあります
(ラメいりでちょっとステキでした)

室内の通気、調湿、陽あたり等もペットと暮らすのに大切なキーワードのようですね。

人だけでなく、ペットも快適な住まいをもとめています、珪藻土やエコの壁紙など「無添加リフォーム」もおすすめです。

:ノムサンの技その1:
   ・わんちゃんの耳掃除
   ・わんちゃんのマッサージ(講習うけました)

 ご相談どしどしくださいませ!

2008年02月21日

ペットドア  クリア!!

こんにちは~

リフォームのスペースアップ富田林店の寺田です。

今回はかわいいワンちゃんの『初体験』をご紹介します。

最近リフォーム工事をさせていただいたF様邸に

カーテンの注文をいただきお邪魔していた時のこと。



工事中、F様ご家族は一時転居されていたのですが

家族の一員であるハナちゃん(ミニチュアダックス)

だけは近所の祖父母様宅へ預けられていました。

工事も終わり、家具も運び、細々した物の片付けに

奥様は日々奮闘しておられました。



そんな最中、私がお邪魔したその時に『ピンポーン』!

ハナちゃんがおじいちゃんに抱かれて帰ってきました~久しぶり♪

いつもなら来客にしっぽを振ってくれるハナちゃんですが

どうも様子がおかしい・・・

周りを見渡し部屋の匂いを嗅いだり落ち着かない様子。

『ここは何処!?』て感じです(^^;)

さっそく奥様と一緒にペットドアのくぐり戸を通れるか試してみることに。



これは木製建具の下に小さな開口があり、樹脂でできた扉が付いています。

下に磁石が付いているのでくぐった後も樹脂扉はちゃんと定位置に戻ってくる機能です。



最初は奥様がハナちゃんのお尻を押して半強引にくぐらせてみました。

それを何回か繰り返しましたがハナちゃんは嫌がる風もなくクリア!!

こんなグットタイミングにハナちゃんの初体験の場に

居られて本当に嬉しかったです♪



奥様とタイミングを合わせて撮った写真ですが

イマイチですいません・・・。

かわいいハナちゃん、リフォームしたお家にも

早く慣れてねっ(^▽^)/”

2008年03月10日

ペットリフォーム

こんにちは。

今は昔・・・
「住まい」というのは、もともとその土地にある物で作られていました。
日本は石や粘土より加工しやすい木が沢山あり、木造の家が多くたてられたのですが、ヨーロッパなどは石や煉瓦がおおいですよね。
その土地の風土にあった素材で作る事が建物の長持ちの秘訣になるのでしょう。

さてペットも同じです。
寒い地方出身の犬種・ハスキーやサモエドなどは毛皮が密集して生えています、
だから彼らにとって日本の夏は湿度も高く、熱射病になりやすいのです。

ではハムスターなどの小動物はどうでしょう?
ハムスターはもともと砂漠出身の種がおおいのですが、
だから水分を取らなくてイイなどは間違った情報です。(良く耳にしますが・・・)
ただ寒さには弱く、ワンルームで飼育していてしかも留守がちだと凍死まっしぐら・・・。
私も以前飼っていたハムスターが寒いだろうと檻状カゴからプラケースに引っ越させたまでは良かったのですが
「もう大丈夫」
などと気楽に構えていたら・・・
プラケースが結露!!(中が見えないくらい!)
中にはしっとりハムスター・・・。(アラー・・・)
危うく虐待しかけました。
プラケースにしろ、ケージにしろ
留守中や夜は毛布を掛ける、カイロをケースの外から張る、などしてあげましょう。

ただし、
どんな場合でも「暑かろう」「寒かろう」の対策をするなら
「冷えすぎた」「暑すぎる」を解消できるように
「逃げ場所」を確保しておきましょう。

(カイロも全面にはらないで一カ所はそのままにしておくのです)

プチペットの季節対策リフォーム(?)でした。

堺北店:野村

2008年03月15日

ペットリフォーム

こんにちは。



リフォームのスペースアップ堺北店:ノムさんです



すっかり暖かくなり、風がここちよい季節になりました。

こんな日は ペットと仲良くお散歩に 出かけたくなりますね。



ではここで早速今回のキーワード



「散歩」



猫は一人で散歩に出かけます。

犬はあなたと散歩に出かけます。



毎日毎日、朝と夕方2回も散歩に行って飽きないのか?

と思いますが、わんちゃんにとって「散歩」はご飯の次に大切なモノ・・・。

「サンポ行こう!」としきりにねだってきてしまうのも無理ないのです・・・。



大好きな飼い主と一緒に自然の草や土に触れ、風の香りをかぐ・・・

なんてステキなひとときでしょう!!



そして楽しい「散歩」はコミュニケーションをとる機会でもあります、

歩きながら名前を呼んであげましょう

振り返ったら笑顔を返します。

不思議な事に幸せな気分になるのです。



さて、大好きな散歩から帰ったら・・・

大嫌いな足洗い・・・。

濡れるのを嫌う子は多いですのでなかなかスムーズには行かないと思います。

また、お風呂まで連れて行って洗うとか、バケツに水をはって玄関で足を洗ってやる、などしている方が多く、なかなか大変そうですね。

小型犬なら濡れタオルで拭くだけのこともありますよね。しかしそれでは指の間や爪の中には土が残りかぶれの原因にもなりかねません。



・・・ソコデ!

しっかりあらえて便利なアイテム!

玄関のタイル土間から土を踏まないで入れるあたりに

わんちゃん用の水洗を取り付けた専用の洗い場をつくるのです。

彼らは囲われた中に入れられたら観念するものです。

リードを短く縛り付けるフックをつけておけば、もう言う事をきくしかありません。

足首から下を後ろに折り曲げて足裏を洗えば簡単!

夏場はここでシャンプーもできますよ☆

メーカーから商品もでていますし、自分好みでタイルやレンガで造作してみてもいいですよね。



注意点は設置場所、用途、わんちゃんの大きさで洗い場のサイズを決定することです。

小さすぎると意味がありませんものね。



彼らはとても賢いです、「じっとしていたら早く終わる」と知れば、おとなしくしてくれます。

「散歩」の後は「ココ」で足を洗うのよ☆

とわかりやすく示してあげることが大切です。

 

またひとつコミュニケーションの「場所」ができました・・・。


2008年03月21日

ペットリフォーム2

こんにちは☆

リフォームのスペースアップ堺泉北店の佐々木です。

野村プランナーに続き、堺泉北店でもペットを飼われているお客様は多く、今回ペットリフォームをすることとなりました!!!

ワンちゃんが1匹に猫ちゃんが7匹!
これはペットリフォームをするしかない!とリビング改装に取り入れることとなりました♪

この提案にはお客様もご家族でお喜びして頂きました。

ペットリフォーム初心者の私ですが、野村プランナーにも負けないくらいのペット好きなのです。

家にも私の愛犬ホワイトテリアのブリス君がいます。

ペットって、人間の気持ちを理解してくれるとても賢い相棒ですよね。疲れて帰ると一番に駆けつけてくれ、悲しいときは近くで一緒にいてくれ、時にはペロペロとなだめてくれたりするんですよね。

優しいですね。


今回のペットリフォームは床をペット用にタイルに。そして猫ちゃん用のキャットウォーク☆ペット用ドア☆

ペットに優しい、明るく楽しいリビングが出来ます!!

今、仕様決め中ですがとても楽しい個性もたっぷりのいいお部屋が出来ること間違いなしです!!

乞うご期待☆

また報告致しますので楽しみにしておいてくださいね◎





ペットリフォーム

こんにちは。

毎朝、変わらぬ通勤電車でマスク人の増加の速さに驚くばかりのノムサンです。



私は花粉症ではないのですが・・・

毎年「今年デビューかな!?」とビクビクしております。



さて先日の水曜日は京都駅ビル隣接ホテルにて開催されました

インテリアジョイントフェスティバル2008

に参加してきました。



今回はなんと「ペットと暮す住まい創り」がテーマ。

ペットリフォーマーノムサン的には最新の情報を得れる最高のチャンス!

トコトコでかけて参りました。



そこではペットと暮す色んなアイデアや工夫、心構えなどが話されました。

中に先週取り上げました「足洗い場」がありました。

講師の方は「つけないほうがいい」とおっしゃられました、理由はしっかりふき取れない水滴が毛や指の間に残るからです。



もちろん小型犬なら蒸しタオルでしっかりふくので十分ですが、

泥んこ遊びの後や、散歩道に畑がある、山がある、そんな場合は土が足裏につきますよね。



飼い主様側としてはやっぱりしっかり洗ってあげたいわけです。

それに土には微生物やばい菌がいっぱいですので洗ったほうがいいでしょう。

そこでお約束☆

洗った時はしっかりタオルでふきとって早めに乾くようにしてあげてください。



吹き方アドバイス

 ・足をタオルで包み両手で包み込むようにしてギュッとにぎって水分吸収、

 ・わんちゃんの指の間にもタオルをはさむ形でギュッと押し付けて吸い取ります。

 ・イイコイイコと声をかけてあげましょう

 ・じっとしてくれたら大げさにほめてあげましょう



あと面白い話を聞きました。

よく無駄に鳴く子がいますよね、その行為は飼い主みはストレスですが、そこに重要な問題が隠れているのです。



犬・猫は「声」でのコミュニケーションをほとんど取りません。



「鳴く」とゆう行動は人が「声」を使ってコニュニケーションを取っている事を真似ている・・・

と言った行動学者さんがいるそうです。



私たちがあまりにも気づいてあげないから「人」のコニュニケーション方法で何かを訴えているのです。

「何を訴えているのか?」

それはトイレが汚れている、とか

ごはんまだ?とか

いやな匂いがするんだ、とか

落ち着かない、とか

いろいろでしょう、しかしこちらから探してあげないと彼らは伝えられません。





どんなにがんばって人のコミュニケーション方法を使っても

コトバは話せないから・・・。



あなたのペットちゃんは真似ていませんか?

2008年04月05日

ペットとキッズ

こんにちは。



リフォームのスペースアップ堺北店のノムサンです。



 ペットリフォームの件を取り上げたいところですが、今回は「コーナー」についてお話します。



良く「うちは狭いからスペースもなくて・・・」とか

「とんでもない!子供部屋なんて設けられません」などおっしゃる奥様、



その解決案のカギが「コーナー」です。





当初に思い描いた未来予想図よりたくさん子宝に恵まれる・・・

子供部屋が足りない・・・

兄弟は同じ部屋・・・

勉強はもっぱらリビングで

TVをみながらしている・・・

片付かない・・・

お客様をよべない・・・



こんな悪循環になるならば、ほんの少しスペースをいただいて、「スタディコーナー」を作ろう☆



 ~作り方~

基本的にリビングよりダイニングに壁からカウンターと本棚を持ち出します。

取られる幅はパソコンを置いてもせいぜい60cm

ノートパソコンなら50cmでいいです。



コンセントと照明を付けて、かわいいお気に入りの椅子を買って  出来上がり!!





これなら家事をしながら宿題を見てあげられるし、兄弟で教えあえる、

また家族のパソコンコーナーとしても使用できますよね☆



こんな感じでなんでも「コーナー」にしてしまえば狭くても快適に暮らせます



同じくペットコーナー



飽きっぽい猫ちゃんの遊びスペースに部屋の1角に縦に何段かオープンの棚を創り、

床=トイレ

1段目=食事場

2~3段目=遊び場+寝床

とキャットコーナーにしちゃえます☆



個室からコーナーの時代

家族の間に「壁」はいらないデス。

2008年04月26日

ペットリフォーマー

こんにちは、
リフォームのスペースアップのペット博士
ノムサンです。

春の陽気に誘われて公園なんて散歩してみたら
どこかの猫ちゃん達が道端でゴロンごろんしていました。
うちにも黒猫が1匹いますが、ゴロゴロしている時の猫はとても幸せそうに笑顔です。
見ている私も笑顔になります(ニンマリ・・)

ところで、猫ちゃんとお住まいの方の悩みでは
常に上位に来るのが
「壁でツメトギをする」ですね。

人がテレビを見ているとトコトコやってきて
何故かテレビ横の壁にツメトギを始める・・・

「・・・!コラッ」

動きは止まるが爪は引っ掛けたまま

あのかわいらしい背中の向こう側できっと
「してやったり」とニンマリ笑っている様に思えてしかたがない。
「まったくもー!」
私の立ち上がる音でビョーンと跳んで走って逃げてゆく・・・
これが始まったら彼女がこの「遊び」に飽きるまで「ツメトギ」→「コラー」の繰り返し・・・

人と猫って 楽しいですよね。

洋室の白い壁ならアクリル板をおくだけでも違いますし、和室ならすだれを腰壁のように立てかけるのも効果的(民家っぽくなりますが)

リフォームをお考えなら是非腰壁を無垢材で作ってあげましょうツメトギもできて大喜びです。

化粧材での腰壁にするならツメトギできる壁を
猫ちゃんのために設けましょう。
ツメトギには色んな意味があります
抑制してはストレスのもとです。

◎ワンポイントアドバイス◎
猫の爪は人の爪きりでも切れますので、先が尖ってきたら先だけ(2mmぐらい)切ってあげると
ツメトギによる被害も少ないでしょう。


2008年05月25日

ペットリフォーム

こんにちは。

リフォームのスペースアップペット王、ノムサンです。

今回はわんちゃんの犬種特有の性質などの話をします。



先日、お客様のお家に伺ったときにこんな悩みを聞きました。



「なぜ こんなに鳴くのかしら?」



その子は「ミニチュアダックス」のオスでした。

ダックスは元々穴の中の獲物を狩るために使われていました、

細長い胴と短い足はウサギ等の小動物の巣穴に入りやすいようになっていますね。



狩りをする犬種は「吠える」のも仕事、「ここにいます!」と飼い主に知らせる為であったり、

獲物を追い込むための攻撃の一つだったりします。



だから、ダックスに「吠えるな」と言うのは無理でしょうし、本能的に考えると「ストレス」も感じるでしょう。



お客様が来ると必ず少しの間大騒ぎするそうですが、それが飼い主様からすると「何とかしたい」所だったりするのです。



姿が見えていると鳴きません、かまってもらっている時も鳴きません、

そんなこの子にピッタりの「居場所スペース」を確保しましょう・・・。



クッションなどを置くスペースもないので裏庭にデッキを作ってそこですごしてもらいましょう

掃き出しサッシがついているので室内の姿はみれます。(姿がみえたら鳴かない)

室内にも小さくてもいいので居場所をサークルなどで囲ってつくります(夜は中にいれてあげる)



気に入ってもらえるような裏庭を作ります!「鳴く回数が減る提案をしますね。

できるのを楽しみにしていてくださいね。



前回の山梨の写真が小さかったので

もう一度のせますね





大阪東:野村

2008年11月10日

自宅でペットリフォーム

朝がやってきても、布団の国から出たくない季節がやってまいりました。ごぶさたしてます、リフォームのスペースアップ 吹田店のノムラです。 先日、万博公園のデリパで開催しました「リフォーム市民祭」で飼っている猫ちゃんに悩まされながら暮らしている方とお会いしました。 早速、お宅にお邪魔しましたところ・・・・お出迎えにグレーと白の綺麗な猫ちゃんが飛び出してきました! 「・・・かわいらしい・・・」 しかし、猫の習性である「ツメトギ」で壁のクロスがボロボロです。奥様はお家を「魔の爪」から守ろうとツメトギポイントにツルツルした紙を貼り付けていました。 カバーされては違う場所でガリガリ・・・ カバーされては違う場所でガリガリ・・・ 家の中はつぎはぎだらけに・・・ 今回お話を頂いたのは壁ではなく、寒い時期になるとやってくるペット達の「ドア開けっ放し」行動対策でした。 コタツでぬくぬくしている幸せな時にドアを閉めに立ち上がる苦しさ・・・。 経験のある方もいらっしゃる事でしょう。 解消法としましてT様邸ではリビングドアに「ペット用ドア」をとりつける提案となりました。 既存のドアに穴を開け、取り付ける事も可能ですが、T様邸のドアはガラスが入っていて取り付けるスペースがありません・・・。ドアのみあつらえで作ってもらうことにしました。 早く完成して今年の冬は快適に暮らしてほしいですね☆

続きを読む "自宅でペットリフォーム" »

2008年11月17日

ペットドアとテラス

こんにちは。 だんだん寒さが厳しくなってきました・・・しかし例年よりも気温は高いらしく、長野のリンゴは赤くならないそうです。リフォームのスペースアップ吹田店いち寒がりの ノムサン こと 野村です・・・。 前回に引き続きペットドアの現場からお送りします。お庭でトイレをしたり遊んだりするために室内とテラスを自由に出入りするペット達。猫ちゃんとわんちゃんがいるお家です。 今まで何回ドアの開け閉めに足を運んだことでしょう・・・。 奥様はガーデンいじりがお上手で、まるでリゾートに来たみたいにくつろげる空間に午前の優しい光が差し込みとても優雅なひと時でした。 しかし自由なペット達は気持ちいお庭でトイレをしてしまいますね。散歩に行く手間が省けるからとお庭でさせてもいいと思いますが、花壇でされて花が踏みつけられたり芝生の色が変わってしまったりと問題も起こるでしょう。 庭でトイレをしてほしく無い時の対処法としては、  ①散歩にしっかり朝晩連れて行く事  ②庭でしないようにしっかり叱ること。(ガーデンを枯らしてしまいますのでね)  ③花壇などは高さを高くする(20~30cmぐらい)  ④下は見えている土を少なくする(置き石、敷きジャリなどで) ②が気持ち的に無理な方はお互いの為にもあきらめましょう。  

2008年12月02日

ペットとリフォーム

こんにちは。寒くて、コタツの恋しい季節になりましたね。猫のごとく・・・丸くなるノムサンこと、リフォームのスペースアップ吹田店の野村です。 今回は今現在マンション全面リフォーム中のF様邸の猫ちゃんたちのお話です。 F様の奥様は猫が好きでとても大切にされています。 6匹の猫ちゃんは6帖の和室に「猫専用部屋」をもらい楽しそうにくらしていました。全面リフォームともなれば、ほとんどの方は仮住まいをされますが(ウィークリー等で)F様は猫ちゃんと離れたくないので「住みながら工事」を選択されました。 猫専用部屋はほとんど工事で触らない為ここに荷物が運びこまれF様一家と猫6匹と家具が6帖の面積のなかで暮らしています・・・。 不憫ですが、もう少しの辛抱ですF様! しかしF様は「大好きな猫達とも一緒にいれるし、家族の距離がちじまったみたい!」と嬉しいお言葉をいただきました。 一番心配だった猫ちゃんへのストレスでしたが、約1匹かくれて姿を見せない子もいますが、比較的3日もすると音や人の気配にも慣れたみたいでした。 いつもF様邸にお邪魔すると出迎えてくれるシロ君も工事現場を点検中!たいしたものですね。 荷物移動と暮らすスペースの移動で「住みながら工事」もそんなに苦痛を感じずに済みそうです。良かったね、シロ君。 新大阪マンションのS様邸のキッチンもタイルがとてもキュートですのでみてください。  ↑シロ君  ↑猫専用部屋  ↑キッチン☆

2009年07月12日

PET リフォーマー

こんにちは。
最近、「ゲリラ豪雨」なるものに迷惑をうけてばかりで
靴のなかに水が溜まりぎみの

リフォームのスペースアップ吹田店PETアドバイザー事

ノムサンです。

先日オーデリックさん主催の講習会に行く機会がありました。

いつもなら休日はゆっくり過ごしたいノムサンですが

内容が「ペットリフォーム」だった事から即申し込み!
行ってきました。

結構勉強になりました!

ペットとの共存歴史が長い欧米や欧州のペットに対する考え方と日本のペットに対する考え方は根本的に違うのです。

根本的に違うところ、それは・・・

犬や猫は常に「土足」ですよね

欧州の方は「土足」ですよね。

日本は「土足厳禁」ですよね。

だからペットたちに対して「汚れる」とか「汚い」とか思うらいしのです。

これは面白い!気付かなかった!やられたー!

と思いました。

ペットと人が一緒に暮らすにはお互いに譲りあったり、理解しあわないといけないのです。

日本で暮らす犬は散歩から帰れば「足を洗う」必要があり、そのための
「足洗い場」があれば便利とされます。

猫はツメトギがストレス発散になりますが、壁紙はボロボロ・・・
ツメの立たない腰壁をはると解消されると されます。

土足でいいじゃないか・・・

ボロボロでいいじゃないか・・・

とは、やはり日本人はならないのです、
「文化」とは長く長く根付いているのです。

実際わたしも土足で生活しろと言われると  
・・・断ると思います(笑)

犬は外から楽しい気分で帰ってきたらそのまま「嫌な思いをせず」に足をあらって家にあがる。

猫は飼い主がやってほしい所でだけで爪をとぎお互いにストレスを感じないで暮らす。

こんな空間をリフォームで作れたらと思います。

問題行動が多い「困った子」も自然と問題行動が減るような工事こそ
ペットリフォームと言うと私は思うのです。

人と動物の違いで起こる「誤解」で
「困った子」になってしまっているペット達を飼い主さんに理解してもらいたい

本当はとても良い子なんですよ って。

彼らは 大好きな人を「困らせてたい」なんて思うはずがありません。
そばにいて、笑いかけたり声をかけられる事にとてつもない喜びを感じているのですから。

2009年10月05日

ペットリフォーム事例

こんにちは。
寒くなってきました。うちの猫が布団に入ってくる(今は布団上)のも時間の問題だなーと
ソワソワしている、リフォーム会社のスペースアップ吹田店のノムサンです!

今回は猫ちゃんのトイレについてです。

猫ちゃんを飼っている方でお悩みの方もいらっしゃるはず

いつも綺麗好きの猫ですが、トイレの後は砂で隠すのもどういうことだか
砂をかくのではなく周りの壁を「引っかく」し、
足の裏に砂をつけてきて
リビングでピッピと飛ばす始末・・・。

皆様色んな工夫をされている方はおおいでしょう。
白猫「シロさん」家では水周りの改装をしました、そのときキッチンの正面にはるツルツルした面材で、「キッチンパネル」と言うものがあります
これを少し多めに取り寄せまして残った部分で猫トイレの周りをはりました!
壁に傷がつくことはもうありません!(アッパレ)

足裏マットもついて、ぬかりありません!

パネルはキッチン用じゃなくて可能です・・。ツルツルしている というのが猫には嫌なのです

neko%20%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC.JPG


さてシロサンといえば・・・
いました・・
リビングでゴロゴロ中です。
まるで「ヨガ」みたいです(笑)

%E3%83%A8%E3%82%AC%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%95%E3%82%93.JPG

2009年10月20日

大きいゾッ!!

こんにちは。
ペットのことならお任せ!
リフォーム会社のスペースアップ吹田店プランナーの
ノムサンです。

寒くなり始めました・・・。

人だけじゃなく食欲の季節ですね!

でも欲しがるからと言って人の食べ物は絶対に与えないで下さい。

一回の気の緩みで一生後悔することになるでしょう・・・。

さてさて、
怖い話はコレぐらいにしてBIGな話です!

大きなわんちゃんのために特注で作ったペットドアです

%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F.jpg


なんと 無垢の扉にペットドア☆
ちょっと不安な顔のわんちゃんですが・・・
一回通れば大丈夫!!

%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2%E3%81%A7%E3%81%9F%E3%81%9E.jpg


勇気を出して何でもやってみることが大切なんですよね☆

2009年12月12日

ペット用腰壁

こんにちは、リフォーム会社のスペースアップ伊丹店の町田です。

本日はまるで春のように暖かいですね。

最高気温17度だそうです。車にのっているとじりじりと照り付けられ暑いです・・・

さてそんな中、おひとつ現場が完成しました。

今回は腰壁工事です。

Y様のお宅にはワンちゃんもネコちゃんもおり、どうしてもクロスをガリガリと破ってしまうとのこと。

新築4年目でおうちはキレイなのですが、よく見てみると確かにちらほらとガリガリした痕跡が・・・

CIMG3238.JPG

↓ここら辺です。特にコーナーがガリガリの集中攻撃に合うんですよね。。。

CIMG3241.JPG

↓建具も引っかかれて破られちゃいました。(奥様お手製塗装で補修されていました)

CIMG3240.JPG

そしてお正月前にお困りになられたY様がご来店くださいました。

「どうにか傷がつかない様にできませんか?」

そこでご紹介させていただきましたのが大建工業の腰壁材「メイクアップ・ハード」です♪

この壁材は特殊強化化粧シートを採用しているためワンちゃんやネコちゃんの爪の引っかき傷に強いんだとか。

この壁材を使用してこんなにきれいに仕上がりました☆

DSC03158.JPG

DSC03157.JPG

これでもう安心ですね。お正月にご親戚やお友達が来られても大丈夫!!

 

腰壁と一緒に扉のはがれもなおしました。

こちらはシートを一旦はがして「リアテック」という木目調のシートをお色を合わせて貼らせていただきました。

新品のようにピカピカです↓↓↓

DSC03164.JPG

ワンちゃんやネコちゃんはと一緒に住まわれる方は本当にたくさんいらっしゃいます。

一緒に住むことでいろんな問題も出で来るかと思いますが、そんなときは是非スペースアップまでご相談くださいませ。

お待ちしております。

2010年04月20日

ペットリフォーム ケージ編

こんにちは。
お花見は満喫されましたか?
吹田店のノムサンです。

皆様お忘れではないでしょうか?
ノムサンは「ペットリフォーマー」です

最近他店からも良く相談されるのが
「ケージの大きさ」と「置く場所」についてです。
近年ペットブームはエスカレートし、ペットの温泉はもちろん
ペットのエステ、マッサージ(私も講習にいきました)もでき、
ダウンコートをきてドックカフェのオープンテラスで
おすまししている姿なんかを見かけます。

人気犬種もココ何年かは室内で飼える小型犬に集中!
散歩も適当にトイレも室内で済ますペット達が増えてきています。

彼らは「家族」です。 しかし「犬」です。
知らない人が来たら吠えて追い返しますし、警戒もします。

「お客様が来たときだけケージに入れときたい」
「留守番の時いたずらしない様にケージに入れときたい」

このようにリビングや廊下などにペット用のケージのあるお家も多いでしょう。

リフォームで多いのが、収納とケージを組み込むというやり方
今使っているケージを利用してもいいですし、リフォームにて収納スペースを作り
一番下のスペースをペット用にする事もできます。

作るときに気になるのが大きさ・・・
まず、そのケージの目的によります、
「ベットのみに使う」のか「ベットとトイレを兼ねる」のか「トイレ」なのか
ベットだけに使うならワンちゃんの大きさジャストでも大丈夫です。横になれたらOK
トイレを兼ねるならトイレ(35cm×45cmぐらい)分をそこにプラス

次にわんちゃんのサイズ
ちわわ、トイプードル、Mダックス、パグ、などいわゆる小型犬であれば 60cm×90cm 高さ60cm あれば十分でしょう。

%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B860%C3%9790%C3%97%EF%BC%A860.bmp


体高(=4本足で立っているときの床から頭の高さ)の高い犬種は高さを90cmにしてあげてもいいですね。
トイプードルはジャンピングにて飛び出す恐れあり。

%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B860%C3%9760%C3%97%EF%BC%A890.bmp


床面はペットシーツをひけるようにします、仕上げは水につよいクッションフロアやPタイルがお勧め。
壁もクロスよりは水拭きできるようにパネルやタイルにしておくと便利。
INAXからはエコカラットという消臭効果のあるタイルもでています。

何でもご相談下さい☆


%E3%83%9D%E3%83%AD.JPG


%E5%B2%A1%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%BC.JPG

%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E.JPG


%E3%82%BF%E3%83%9E.JPG

2011年02月25日

わん・にゃんインテリア☆

こんにちは☆☆☆
横浜店翁川(おいかわ)です。

今日は、すっかり春日和です。
日差しも、強く、めきめき草木の芽が伸びてきそうな勢いです。
厚いコートが、スプリングコートに替わり、気分も軽く、
一日の始まりを迎えました!!

今日ご紹介致しますのは、ペットリフォームです。
我が家には、犬一匹、ネコ二匹。。。。。。。
お散歩したり、お掃除したり、
ご飯考えたり、おやつ考えたり、
グルーミングしたり、
お風呂いれたり、
おもちゃをあげたり。。。。。
まるで子供の様???

しかし、疲れて帰ってきた時、喜んでくれるしぐさにいつも癒され、
元気を沢山もらってます!!


人間と共に生活するのは、動物も大変な事なんです。
そこをどうしたら、共同生活できるか。。。。
というのが、まず前提になります。

ペットを飼う方が、多くなって、ペットの為にいい床材は、ないか。。。。
そんな、質問が多くなってきましたので、
資材をご紹介いたします。


★コルクの床は、すべらないのでペットの足に最適です。
DSCF1368.jpg


★ペットの足に優しいといわれている[ワンラブフロア]という
建材メーカーさんから出ているフローリング
home_img_28.png


★扉の下部にフラップドアをつけると、ペットも快適です!
img53328388.jpg


★尻尾も引っかからない構造
img53328390.jpg


dog_2.jpg

★内装材も珪藻土やエコカラットを壁に貼って、調湿効果の良い、
なおかつ、匂いも吸収してくれる物が、お勧めです!


lineup2_img_0.jpg


index_cont01img.jpg


★ワンちゃんの尻尾の形のレバーハンドル。ねこちゃんもあります!

img10354139506.jpg

★小型ペットのグルーミングの出来る小さめのシャンプー台もあると便利です。

pet_07.jpg


一部ですが、ご紹介させていただきました。
ペットに優しいリフォームをお考えの方、
是非、お声かけください。
お待ちしております。

最後に、家の「ブライアン」をご紹介いたします!!


2010.10.4%20023.jpg


かなり、ハンサムですよね~!!
かわいいでしょ~!
親バカです。(犬バカ?)


皆様、ペットと共に幸せな毎日を送りましょう!!

2011年03月08日

☆ 愛犬たちと楽しい生活 ☆

こんにちは~☆

富田林店の塚本です。

本日の大阪は晴れです! おしゃれして外出した~い季節になってきましたね 笑う

先日親友のみーちゃんと本町にあるセントレジスホテル「イタリア料理*ラ べデュータ」

にランチ行ってきましたぁ!

このお店はインテリアデザイナーの森田 恭通さんデザインのとても素敵なお店でした☆

 

 

%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%B9%EF%BC%A8%E3%80%80%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%EF%BC%A2.jpg

*インパクトがある巨大なシャンデリア!

%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%B9%EF%BC%A8%E3%80%80%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%BC.jpg

*待合ロビー

超セレブ気分の味わえる空間でした!たまには勉強も兼ねて贅沢も

いいですよね~ ウィンク

 

今回ご紹介させて頂く完成現場は、50歳代のご夫婦とかわいいワンチャン2匹

で生活される1階全面改装+ペットリフォームでご依頼の現場です!

奥に長い建物は中心に階段スペースがあり東西南北からの光や風の流れが閉ざされた

間取りでした。

リフォーム後は玄関位置と階段位置を変更し、もともとあった階段スペースはリビングの

明かり取りとして吹き抜け空間にプランさせて頂きました!

 

T5N0138.jpg

*キッチンだったスペースを玄関に!

T5N0150.jpg

*玄関横に階段スペースを配置

T5N0159.jpg

*撤去できない柱は飾り棚に!

T5N0161.jpg

*吹き抜けは以前の階段スペースです。

T5N0164.jpg T5N0170.jpg

T5N0186.jpg

T5N0177.jpg

*わんちゃんスペースはキッチン横にサンルームを設置

 今回のリフォームで北から南に流れる風、2階の西面から入る明かりを取り入れることが

できる快適空間を造る事ができました!

          スペース アップでは快適ペットリフォームもご提案させて頂いています

     お気軽にご相談ください 笑う

 

                  フリーダイヤル  0120-5252-48まで!

 

2011年07月08日

わんちゃんの快適トイレ空間(ライダー編)

こんにちは。
夏バテ対策は
「夏を楽しむ」が一番だそうですね。

夏のセミの声をききながら
汗だくで昼寝・・・・

ザ、夏!という感じが大好きな
吹田店のノムサンです。

前にお話していましたマンションの現場が終わりました。
そのご家族にはMダックスのライダーという
愛すべき小さな家族がいます。

今回はお子様がみんな出て行き、ご夫婦の2人の生活にまた戻った
この時期を機に「セカンドライフ」を素敵にすごす
間取りへのリフォームでした。

特にライダーの為のリフォームではありませんが、
せっかくなので、ライダーのトイレの位置を変えることにしました。
今は奥様の寝室にトイレがありました。
奥様の部屋はドアを開けっ放しにしておかないといけません・・・
ドアが閉まっていると
「アケテアケテ」とわんわん言います
トイレの周りには家具も置けません

いっそ

廊下にトイレがあって
勝手にトイレに行って帰ってきてくれればいいのに・・・・
でも廊下にはスペースは無い、
トイレが丸見えなのも困るし・・・・

そこで!!!!
ジャジャァーン!!
ライダーのトイレを押入れ少し削って作っちゃいました
%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A21.JPG

壁はパネルで汚れてもサッと拭き掃除簡単
つめでカキカキされても(ライダーはしませんが)
クロスがボロボロ・・・・なんて事にもならない。
大きさは中でライダーが回転できるギリギリサイズ
%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2%E9%96%8B.JPG


ドアはどちらからでも簡単に開くウェスティンタイプ
%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2%E9%96%8B%E9%96%89%E4%B8%AD.JPG

ライダーはナイーブでとっても真面目な男の子・・・。
自分が失敗したと感じたら思いのほか落ち込みます。
トイレの場所が変わったら失敗してしまう子もいます、
ライダーはトイレの場所が変わり、かつ扉を押さなければなりません
「難しいか・・・」
と心配していましたが
ライダーとご家族様は見事成功しました。

まだ付いて行ってあげているようですが(優しいみなさん)
そのうち一人で行って帰ってくるようになるでしょう☆
がんばれライダー!
%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC.JPG

リフォームでトイレの場所を変えたらトイレを失敗するようになったとか
引越しをしたら家の中でマーキング(におい付け)するようになったとか
よく聞く話です、でも失敗をしたから怒ると
トイレ=嫌な事と思ってしまいます。
それはよくない傾向です、喜んで指定場所でトイレをする子じゃないと
人とペットは楽しく暮らしていけないのです。
彼らがストレスを感じていると
飼い主に対しての態度が変わり、飼い主もストレスになります

逆に飼い主のイライラはペットは敏感に感じ取り
彼らのストレスとなります。

楽しく暮らすためにはペットの性格や習性を知る必要がありますね。

ライダーは幸せ者ですね。
よかったね、ライダー君。

2011年07月09日

☆ ペットリフォーム ☆

こんにちは~!

富田林店の塚本です。

大阪の本日の天気は晴れ!最高気温35℃!暑い!!!

現場で作業をしていただいている方々は本当に地獄の暑さだと思います

本当にお疲れ様です!

本日ご紹介させて頂くのは、リフォームプランにペットスペースを組み込んだ

現場のご紹介です!

一件目の現場は階段下スペースに配置させて頂きました。

照明器具・換気扇なども設置したパグのまるちゃんの快適スペースです!

 

 

%E2%97%8F%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93.jpg

*奥にもスペースがあります!

ダイニングスペース内にあるのでいつもご主人様と一緒です!

 

2件目はキッチン横に簡単なサンルームを増設したわんちゃんルームです!

室内での共同生活で、お客様の訪問がある時サンルームとの仕切りに引き違い窓

が有るので、動物が苦手な方が来られてもいったんそこに待機させることが出来

とても便利です!

 

 

%E7%86%8A%E8%B0%B7%E9%82%B8%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%89.jpg

*床はタイル張りなのでお掃除も簡単です!

 

3件目はリビングスペースのクローゼットを吊スタイルにし、その下のスペースに

ワンちゃん4匹のゲージスペースとしたプランです!

 

 

IMG_3784.jpg

*テーブル奥にある吊り収納の下です!

%E7%94%BB%E5%83%8F%20096potocilyo.jpg

*スペースにコンセントを設置することで、わんちゃん用の冬のほかほかカーペット

も使用できます!

%E7%94%BB%E5%83%8F%20094poto.jpg

*みんなおとなしく、くつろいでいま~ス☆

 

最近のご依頼に犬と暮らしたい!猫と上手く暮らした!などのご依頼が増えてきました

ペットは家族の一員です、でも家で一緒にくらすには色々な問題点があります。

□ 臭いの問題

□ 毛の問題

□ お客様が来られた時の問題

□ 仕上げ材の問題     ・すべりにくい床材にしたい   ・猫が爪とぎしない壁材

□ 散歩後の洗い場が欲しい

□ 散歩のときに着たコートを玄関で収納したい

□ 防音の問題

   などなど色々なリクエストにお答えさせて頂いております!

   楽しいペットとの共同生活をより快適にできるプランをご提案させて頂いております。

  上記の問題でお困りのお客様はお気軽にご相談ください☆

 

  スペースアップ 富田林店   0721-20-0055 または 

フリーダイヤル 0120-5252-48 までお問い合わせください

2011年07月22日

ペットルームリフォーム

皆さまお元気ですか?

今年の夏の太陽にはかなりの勢いがありますね☆先週なんて、気温35度以上の日々が続き。。。最高気温39度の地域までありましたね~☆

晴れた日が大好きで、冬より夏が好きな私ですが、猛烈な暑さには少々ビビり気味な、青葉店の齋藤です☆

ビビリ気味な私の癒しになってくれている、青葉店の花壇! 少しずつ、花が増え、日当たりの良さにぐんぐんと成長している花達が居ます。9期生の小林くんがさらにゴーヤも植えてくれて、黄色い花も咲き、賑やかな花壇になってきましたよ!
もう少し見栄えを良くしてから、ご紹介致します☆

さて 前回にチラッとご紹介させて頂いた、ペットルーム完成現場をご紹介致します!
獣医さんである N様夫妻のLDKが ガラッと変身しちゃいました!
ワン×7匹、ニャン×5匹 亀×3匹   ※今はもう少し家族が増えているはずですが☆
賑やかで愉快な N様ご一家! でも ご夫婦の癒しもたまには欲しいんです。。。
といったご要望に答えるべく、ようやく夢の空間が形になりました。
担当は田中店長!

%E9%9B%A3%E6%B3%A2%E6%A7%98%EF%BD%82%EF%BD%85%EF%BD%86%EF%BD%8F%EF%BD%92%EF%BD%85.JPGbefore  %E9%9B%A3%E6%B3%A2%E6%A7%98after.bmpafter


メインは和室をペットルームにする事でした。

壁にはサニタリーパネルを貼り、床も塩ビのフロアタイルにしました。
ペットと暮らす事の気遣いやポイントが沢山ありましたよ!お掃除や、食事、快適な温度や、快適な明かり。。。。使用する素材もこだわりました。

LDK%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BE%8D%EF%BE%9F%EF%BD%AF%EF%BE%84%EF%BE%99%EF%BD%B0%EF%BE%91.JPG !%EF%BE%8D%EF%BE%9F%EF%BD%AF%EF%BE%84%EF%BE%99%EF%BD%B0%EF%BE%91%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E6%96%B9%E5%90%91.JPG

和室への入口の引き違い戸はサッシに交換されワン・ニャンスペースに!   %E4%BA%80%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0.JPG奥方向はさらにサッシで間仕切られて猫、亀のスペースに! 
亀のモンジロウはサッシも突き破りそうなパワーがあるので、強化ガラスがはめ込まれました。
 %E4%BA%80%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%B1%8B.JPG  工事中も大人気だった亀のモンジロウ☆です 
  他にも2匹の亀がいます。 %E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%A6.JPG

リビングルームはペットの居場所だった広縁を撤去して、すっきりと明るいLDKに生まれ変わり、ショールームで奥様が一目惚れされた、パープルのキッチンが、白い空間に活かされました!
LDK3D.JPG 
 PP%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3.JPG

施工前の3D
%E9%9B%A3%E6%B3%A2%E6%A7%98%EF%BD%B7%EF%BD%AF%EF%BE%81%EF%BE%9D%E5%8F%8E%E7%B4%8D3D.bmp

リビングの各スペースにはアクセントになるポイントがいくつもあります。壁に埋め込まれたニッチ収納にはお気に入りの食器を納めました!
LDK%EF%BE%86%EF%BD%AF%EF%BE%81.JPG  LDK%EF%BE%86%EF%BD%AF%EF%BE%81OPEN.JPG

キッチンエリアのコーナーのデットスペースには食品庫を造作し、扉を取り付けました。壁にはリモコンをコンパクトに納めるニッチも造作。奥様が素敵な時計を選んでくださり、シンプルで素敵なポイントスペースです。%EF%BE%86%EF%BD%AF%EF%BE%81%E3%81%A8%E6%99%82%E8%A8%88.JPG

ワンちゃん達のゲージが置けるように造作されたTVボード。変形ですが、機能的です。
TV%EF%BE%8E%EF%BE%9E%EF%BD%B0%EF%BE%84%EF%BE%9E.JPG  %EF%BE%98%EF%BD%B8%EF%BE%97%EF%BD%B2%EF%BE%86%EF%BE%9D%EF%BD%B8%EF%BE%9E%EF%BE%81%EF%BD%AA%EF%BD%B1.JPG
TVボードの周りにはソファとリクライニングチェアも置かれて心地よいスペースになりました。


リビングルームからはペットルームが見えるので、ワンニャン達との一体感もありながら、ご夫婦の癒しの空間として、以前よりも寛いで頂く事が出来る様になりました。
お仕事の帰りを待っていたワンニャン達が、全員でお出迎え! かわいいですね☆
%EF%BE%8D%EF%BE%9F%EF%BD%AF%EF%BE%84%EF%BE%99%EF%BD%B0%EF%BE%91.JPG


リビングから猫ちゃん達の様子が見れる小窓も付けました。LDK%E7%AA%93-%E7%8C%AB.JPG
猫スペースは、すっかりお気に入りの様子で、皆さん寛いでいますよ。
%E7%8C%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9.JPG

その他にもこだわりが盛りだくさん!

玄関スペースはシックモダンなイメージでまとまりました。


お散歩から帰ってきても洗面台があるのでペット達のお世話も楽になりました☆

3Dでは建具が黒でトイレが白でしたが、トイレを念願のレジオの黒に変え、建具は明るくする為に白に変更しました!爽やかでかつ、めりはりのある空間になりました。

%E9%9B%A3%E6%B3%A2%E6%A7%983D%E7%8E%84%E9%96%A2.JPG
トイレはLIXILのレジオという、クラッシックを奏でるお手洗いと、壁にはお気に入りのアニマルフィギアが沢山並んでいます!
toire.JPG  %EF%BE%8C%EF%BD%A8%EF%BD%B7%EF%BE%9E%EF%BD%B1.JPG

ドアノブもネコの形です。%E7%8C%AB%EF%BE%84%EF%BE%9E%EF%BD%B1%EF%BE%89%EF%BE%8C%EF%BE%9E.JPG
 
%E5%BB%8A%E4%B8%8B%E6%B4%97%E9%9D%A2%E5%8F%B0.JPG 
玄関に 生け花スペースを奥様の為に。センスが光った素敵な生け花が映えますね!
%E7%8E%84%E9%96%A2%EF%BE%86%EF%BD%AF%EF%BE%81.JPG

数々の拘りと想いが詰まった素敵なお部屋になりました。
忙しくて、お疲れなはずのご夫婦の気遣いに何度も感激しました。
なんと工事中に、Cafeコーナーを設置してくださっていたのです。玄関のカウンターだったり、テーブルだったり、工事の邪魔にならない場所を選んで設置されているのです。言葉にならない、感動でした。
そして、伝言板が用意されて、気になる事が書かれていたり、手間を掛けてお伝えくださいました。

思うように進まない事もあり、長期に渡った為ご迷惑をお掛けしたのですが、必ず夢を叶える事!
を目的として、様々な方々のご協力を得て、ようやく完成となりました。
N様、スペースアップに夢を託して頂き本当にありがとうございました!
N様への感謝を特に心にしっかりと受け止めて、夢を形にする為に、走り続けます!


お客様の想いと夢を形にする為にパワーUPしながら、ゆるりとした気持ちで、癒しの空間へのお手伝いを致します☆
どうぞお気軽にお尋ねくださいませ!

スペースアップ 青葉店
0120-5252-48

About ペットリフォーム

ブログ「オシャレ リフォーム日記」のカテゴリ「ペットリフォーム」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリはバスリフォームです。

次のカテゴリはマンションリフォームです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type